医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省医薬・生活衛生局】医薬関係予算は3.2%増-薬局ビジョン推進費も増額

【厚労省医薬・生活衛生局】医薬関係予算は3.2%増-薬局ビジョン推進費も増額

読了時間:約 1分58秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年12月25日 AM10:30

厚生労働省医薬・生活衛生局の2018年度予算案は前年度比3.2%増の90億4700万円を計上。薬剤師・薬局関係予算案も3.4%増の3億1100万円を確保した。・薬局の機能強化に向けた「患者のための薬局ビジョン」推進事業費に増額の2億0700万円を確保したほか、実臨床のリアルワールドデータを活用した臨床試験を実施し、効率的な新薬開発を行うためのガイドライン策定経費を新規で5200万円盛り込んだ。

■病薬連携人材育成で新事業

医薬・生活衛生局の予算案は、前年度比3.2%の増額を確保。薬剤師・薬局関連予算も増額の3億1100万円を確保し、患者のための薬局ビジョン推進事業費には2億0700万円を充てる。2016年度に引き続き、薬剤師・薬局が「かかりつけ薬剤師・薬局」として地域包括ケアに貢献できるようテーマ別のモデル事業を実施するが、新たに薬局薬剤師と病院薬剤師の連携等の地域連携を担う人材育成事業を追加する。好事例の横展開を目的に地域ブロックごとの協議会開催を支援する。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【京都薬大/星薬大/明治薬大】教育の改良、3大学連携で-複合的な課題解決能力を養成
  • 【厚労省】遠隔指導でも薬歴料算定可-薬が届いた後の確認等要件に
  • 【西日本豪雨・厚労省まとめ】浸水被害209薬局に増加-MPも広島・岡山で活動開始
  • 【協和病院、東大ら共同研究】単剤化達成で高い費用対効果-統合失調症治療の病棟業務で
  • 【厚労省まとめ】西日本豪雨、浸水被害192薬局に-医薬品供給体制は支障なし