医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【16年度指導監査】1薬局1薬剤師が保険取消-薬歴書かず管理料不正請求

【16年度指導監査】1薬局1薬剤師が保険取消-薬歴書かず管理料不正請求

読了時間:約 1分33秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年12月25日 AM10:45

厚生労働省は21日、2016年度の保険医療機関と保険薬局の指導・監査等の実施状況をまとめ、公表した。宮崎県の1薬局が保険指定の取り消し処分、1人が保険薬剤師の登録取り消し処分を受けた。指定の取り消しは前年度とほぼ横ばいで、登録取り消しは3人減った。指導・監査による調剤報酬の返還額は約3億円だった。

調剤報酬に関わる個別指導を実施した保険薬局は1598件、薬剤師は2326人、新規個別指導を行った保険薬局は2420件、薬剤師は2880人、集団的個別指導を行った保険薬局は4130件、適時調査を行った保険薬局はなく、監査を行った保険薬局は7件、薬剤師は40人だった。個別指導件数は前年度に比べて増加傾向にあり、厚労省は「薬局数の増加と関係している」との見方を示している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【日薬連薬価研】新薬創出等加算品目、新規作用機序薬を主張も73品目が適用されず
  • 【東北医科薬科大病院】院内フォーミュラリーを導入-ビスホスホネート製剤で開始
  • 琉球大に薬学部創設を要望-沖縄県薬など4師会が連名で
  • 【厚労省】「アイミクス」に15社参入-後発品308品目を薬価収載
  • 【臨床薬理試験研究会】PBPKモデルで日本人第I相を省略-予測精度向上の必要性も