医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > ALSを含む神経変性疾患での抗体医薬の共同研究契約を締結-田辺三菱/OMR社/TC社

ALSを含む神経変性疾患での抗体医薬の共同研究契約を締結-田辺三菱/OMR社/TC社

読了時間:約 56秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年12月15日 PM12:00

OMR社・TC社が完全ヒト抗体を作製

田辺三菱製薬株式会社、株式会社オーダーメードメディカルリサーチ(OMR社)、株式会社Trans Chromosomics(TC社)は12月13日、)を含む神経変性疾患での抗体医薬研究に関する共同研究契約を2017年11月に締結したと発表した。

今回の共同研究では、OMR社とTC社の研究によって見出されたALSの病態進行に関与するターゲット分子に対し、OMR社およびTC社の技術を応用して完全ヒト抗体を作製。田辺三菱製薬が非臨床薬理試験を担当して研究を進めていく予定だ。

OMR社は、独自の免疫法「LIMAXYS(リマキシス)法」を用いて、従来技術では抗体作製が困難だった標的分子に対する抗体医薬の研究開発に取り組んでいる。LIMAXYS法は、標的遺伝子を導入した高転移性のがん細胞をマウスに移植し、がん細胞が転移して広がっていく過程で免疫する方法だという。

TC社は、鳥取大学の世界最先端の染色体工学技術を活用した大学発ベンチャー。独自の人工染色体技術を用いた完全ヒト抗体産生動物と神経変性疾患に関する細胞評価方法を保有している。

田辺三菱製薬は、脳梗塞急性期の治療薬として使われてきたエダラボンについて、日本では2015年6月に「筋萎縮性側索硬化症における機能障害の進行抑制」として効能・効果の承認を、米国では2017年5月に米国食品医薬品局()よりALSを適応症とする承認を取得している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • ソーティクツ、既存治療で効果不十分な尋常性乾癬などで承認-BMS
  • ブリバラセタム、部分発作有する成人てんかん対象アジアP3試験で良好な結果-UCB
  • 2型糖尿病を合併する慢性腎臓病の適応を持つ唯一のMRA「ケレンディア(R)錠」を発売-バイエル薬品
  • ナサニール、「生殖補助医療における早発排卵の防止」で適応追加承認-ファイザー
  • テネクテプラーゼ、急性期脳梗塞対象試験で比較検討相の患者登録開始-国循ほか