医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > 経口テストステロン剤TSX-011に関する修正提携契約を締結-あすか製薬と米TesoRx社

経口テストステロン剤TSX-011に関する修正提携契約を締結-あすか製薬と米TesoRx社

読了時間:約 1分4秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年12月05日 AM11:00

東南アジア諸国での開発、販売権の独占的オプション権を取得

あすか製薬株式会社と米TesoRx Pharma LLCは12月1日、TesoRx社が米国で開発中の新規経口ウンデカン酸テストステロン剤「」(旧開発コード:)の日本での開発および販売に関する独占的な提携契約について、新たに東南アジア諸国を加える等の変更を加えた修正提携契約を締結したことを発表した。

あすか製薬とTesoRx社は同剤について、日本における開発および販売に関する独占的な提携契約を2016年12月28日付に締結。今回の追加提携により、あすか製薬は日本に加えて、韓国、シンガポール、タイ、台湾、ベトナム、フィリピン等の主要東南アジア諸国でのTSX-011の開発および販売権に関する独占的なオプション権を取得する。

開発中の経口テストステロン剤の開発・販売権も

今回、あすか製薬はTesoRx社が開発中の男児体質性思春期発育遅延()の治療を目的とした経口テストステロン剤の開発および販売権に関する独占的なオプション権も併せて取得。追加提携には、開発マイルストーンおよびロイヤルティ支払いが含まれるが、契約一時金は発生しない。あすか製薬は、今回の追加提携と同時期にTesoRx社へ出資する。

TesoRx社は、Western University of Health Sciencesとの共同研究を通じて、2010年に設立した非上場の製薬企業。専門領域でのアンメットメディカルニーズ解決のため製品化を迅速に進めることに注力しており、保有するプロリポソーム型ドラッグデリバリー技術を活用して泌尿器領域、がん領域における新規製剤の開発を行っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • EGFR遺伝子変異肺がん、初期抵抗性にはAXL阻害薬/EGFR阻害薬併用療法が有望-京都府医大ほか
  • 脊髄性筋委縮症の遺伝子治療用製品「ゾルゲンスマ」、薬価収載-ノバルティス
  • ロケルマ、高カリウム血症を効能・効果として発売-AZ
  • ゾレア、アスピリン喘息患者63%でアスピリン過敏性を消失-相模原病院ほか
  • リスジプラム、1~7か月の乳児I型SMA対象P2/3試験の1年間の成績発表-ロシュ