医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【私大協】トライアル実習、全大学が統一で-計画書や新たな評価法用い

【私大協】トライアル実習、全大学が統一で-計画書や新たな評価法用い

読了時間:約 1分46秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年12月01日 AM10:15


■私大協が方針確認

(会長:井上圭三・帝京大学副学長)は11月28日、都内で通常総会を開き、新たな実務実習を想定して2018年度からの「全面的実施」を目指しているトライアル実習について、実習施設と大学が連携して作成する「実務実習実施計画書」や、新たな「概略評価」を用い、「全大学が統一して行う」方針を確認した。文部科学省高等教育局医学教育課の前島一実薬学教育専門官は、先月21日の「薬学実務実習に関する連絡会議」での議論を踏まえ、18年度のトライアル実習に「学習成果基盤型教育(OBE)の考え方による評価、大学・病院・薬局間の連携ツールを使って、取り組んでもらいたい」と要請した。

改訂モデル・コアカリキュラムに準拠した実務実習が19年から始まるため、18年度のトライアル実習は円滑な導入を行う上で、重要な位置づけとなる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【知財フォーラム】激変する企業の知財戦略-デジタルヘルス対応で
  • 【WHO 進藤氏が警鐘】新型肺炎、世界が日本を心配-根絶断念せず、食い止めを
  • 【製薬協k部会】RMP周知方法定まらず-企業3割が改訂時に手順書
  • 【全国薬局調査で判明】病薬連携の遅れが鮮明に-情報入手先、病院1割切る
  • 【日薬連】医薬品供給調整で枠組みを策定-新型肺炎受け、原料を確保