医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > ジャヌビア/スーグラ配合剤に関するコプロ契約締結-MSDとアステラス

ジャヌビア/スーグラ配合剤に関するコプロ契約締結-MSDとアステラス

読了時間:約 45秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年11月30日 PM01:30

製造販売承認はMSDが取得、販売はアステラス製薬が担当

MSD株式会社とアステラス製薬株式会社は11月28日、DPP-4阻害剤ジャヌビア(R)錠(一般名:シタグリプチンリン酸塩水和物)とSGLT2阻害剤スーグラ(R)錠(一般名:イプラグリフロジンL-プロリン)の配合剤について、日本におけるコ・プロモーション契約を締結したことを発表した。

同剤の製造販売承認はMSDが取得し、販売はアステラス製薬が担当。また、医療機関への情報提供活動については、MSDおよびアステラス製薬が共同して行う。両社は2015年に、日本における同剤の共同開発および販売に関する基本合意書を締結。MSDが2型糖尿病治療薬として承認申請中だ。

ジャヌビア錠は、MSDが製造販売する日本初の選択的DPP-4阻害剤。1日1回の投与で選択的にDPP-4を阻害し、活性型インクレチンを増加させることで血糖依存的な血糖低下作用を示す。

スーグラ錠は、アステラス製薬が製造販売する日本初の選択的SGLT2阻害剤。1日1回の投与で選択的にSGLT2を阻害し、腎臓でのブドウ糖再取り込みを抑制することでインスリン非依存的な血糖低下作用を示す。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • オノアクト、敗血症に伴う頻脈性不整脈に関わる一部変更承認を申請-小野薬品
  • 血友病Bに対する遺伝子治療用製品の研究開発を開始-田辺三菱と自治医科大
  • イミフィンジ、小細胞肺がんの治療薬としてFDAよりODD指定−AZ
  • 開発中の抗タウ抗体E2814、ターゲットエンゲージメントバイオマーカー同定-エーザイ
  • 黄熱ワクチン1回接種用製剤「黄熱ワクチン1人用」、8月から接種開始-サノフィ