医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 国際医療研究センターと東京薬科大が連携協定-感染症など臨床研究推進へ

国際医療研究センターと東京薬科大が連携協定-感染症など臨床研究推進へ

読了時間:約 1分40秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年11月24日 AM10:45

国立国際医療研究センターと東京薬科大学は21日、臨床研究と高度な薬剤師育成を協力して進める連携協定を結んだ。感染症領域を強みとする同センターの職員が連携教授として大学院生の研究指導を行う一方、同センター薬剤部のレジデントやスタッフが働きながら4年間の連携大学院に進学し、博士号を取得できるのが特徴。6年制大学院博士課程で臨床現場の課題をテーマに研究を進めると共に、レジデントが薬剤師業務と研究を同時に学ぶことにより、高度な知識と技能を備えた若手薬剤師の育成を目指す。

左から笹津学長、國土理事長

今回の連携協定により、同センター薬剤部、国際感染症センター、臨床研究センターの職員と、東薬大の薬事関係法規教室、病原微生物学教室、社会薬学教室の教員が連携し、)対策などの感染症やレギュラトリーサイエンスに関する共同研究を進める。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【AMED】コロナ薬開発へ体制整備-医療研究調整費を充当
  • 【ICMRA】コロナ薬の主要項目議論-重症度別に適切例を合意
  • 医薬品医療機器総合機構運営評議会、RWDの申請資料活用、20年度事業計画に盛る
  • 【厚労省】妥当性検証に基本的考え-製販後DB調査前の実施を
  • 【厚労省】安定確保薬、年度末に選定-厚労省が骨子案