医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 国際医療研究センターと東京薬科大が連携協定-感染症など臨床研究推進へ

国際医療研究センターと東京薬科大が連携協定-感染症など臨床研究推進へ

読了時間:約 1分40秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年11月24日 AM10:45

国立国際医療研究センターと東京薬科大学は21日、臨床研究と高度な薬剤師育成を協力して進める連携協定を結んだ。感染症領域を強みとする同センターの職員が連携教授として大学院生の研究指導を行う一方、同センター薬剤部のレジデントやスタッフが働きながら4年間の連携大学院に進学し、博士号を取得できるのが特徴。6年制大学院博士課程で臨床現場の課題をテーマに研究を進めると共に、レジデントが薬剤師業務と研究を同時に学ぶことにより、高度な知識と技能を備えた若手薬剤師の育成を目指す。

左から笹津学長、國土理事長

今回の連携協定により、同センター薬剤部、国際感染症センター、臨床研究センターの職員と、東薬大の薬事関係法規教室、病原微生物学教室、社会薬学教室の教員が連携し、)対策などの感染症やレギュラトリーサイエンスに関する共同研究を進める。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】入院を高齢者などに限定-指定感染症の政令改正へ
  • 【社人研】社会保障給付が121兆円に-過去最高、GDP比も上昇
  • 地域連携薬局、国民への周知必要-田村厚労相が会見、在宅など機能啓発に意欲
  • バイオ後続品にAGの壁-「普及を阻害」と指摘相次ぐ
  • 薬局認定、連携が制度の肝-山本審議官が講演「点数でない先手打つ業務を」日本薬剤師会学術大会