医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > テクノロジー > 呼吸検知センサーTeleOxの日本での独占販売契約締結-帝人ファーマと仏スレット社

呼吸検知センサーTeleOxの日本での独占販売契約締結-帝人ファーマと仏スレット社

読了時間:約 1分9秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年11月20日 PM01:00

在宅酸素療法の患者の酸素吸入状況を高精度で検知

帝人ファーマ株式会社と仏SRETT(スレット社)は11月16日、スレット社が開発した呼吸検知センサー「(R)」(テレオックス)について、日本での酸素療法用途での独占販売契約を締結したと発表した。


画像はリリースより

帝人ファーマは在宅酸素療法において1991年より、電話網を活用して酸素濃縮装置の運転状況をモニタリングする「(R)」を運用している。現行システムは機器の運転状況や設定流量を把握できる一方、患者の酸素吸入状況まで検知することができず、課題となっていた。こうした中、在宅酸素療法の患者の酸素吸入状況を高精度で検知できるTeleOxの導入により、酸素濃縮装置のさらなる適正使用を推進することを目的として、スレット社から国内における独占販売権を取得することにしたという。

2018年4月より医療機関へ提供できるよう準備中

TeleOxは、直径46mm、重量34gの小型かつ軽量なデバイスで、既存の酸素供給装置とともに使用可能。対応機種は、帝人ファーマ製の「ハイサンソ(R)3S」および「」で、2018年4月より対応開始予定だという。酸素カニューラに接続することで、酸素吸入中でも呼吸数や酸素流量を測定することができる。また、Bluetoothに対応しており、他のシステムとスムーズに連携させることが可能。さらに、内蔵メモリは約2年分のデータを蓄積することができるという。

帝人ファーマは、このTeleOxを患者管理や患者指導に活用することを想定し、医療機関にレンタルで提供することを検討中。また、TeleOxを用いて自宅での患者の酸素吸入状況を確認・閲覧できるサービスを、2018年4月頃より医療機関に向けて提供開始できるよう準備を進めていくとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 テクノロジー

  • 小児向け、非接触式のバイタルサイン・モニタリングシステムを開発-電通大ほか
  • 肺塞栓症、簡便・低被曝に診断可能な胸部X線動態撮影システムを開発-九大ほか
  • 小型で安価な新型コロナウイルス世界最速検出装置「COWFISH」を開発-理研ほか
  • 医療処置の痛みや恐怖を軽減するウェアラブルロボットを開発、効果を検証-筑波大
  • 医師の業務課題を抽出し改善策を提示するAI解析モデル、実証実験を開始-東北大ほか