医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 大手4社、17年度中間決算出揃う-製薬大手の業績に明暗

大手4社、17年度中間決算出揃う-製薬大手の業績に明暗

読了時間:約 2分29秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年11月06日 AM10:15


、アステラス厳しく

国内製薬大手4社の2018年3月期中間決算が出揃った。全地域で売上が拡大した武田薬品は増収大幅増益、過去の不振から回復基調のエーザイが特殊要因を除けば増収増益と順調だった一方、減収二桁減益のアステラス製薬と大幅営業減益の第一三共は厳しい決算となり、明暗が分かれた。アステラスは降圧剤「」の特許切れ影響で日本事業が二桁の落ち込み、第一三共は降圧剤「」の特許切れ影響に加え、疼痛治療剤「」で導入元に権利を返還したことで減損損失となった結果、通期営業利益で期初予想より250億円も引き下げる下方修正を余儀なくされた。通期でも順調な武田・、主力製品の特許切れに直面するアステラス・第一三共とで経営環境が2極化しそうだ。

武田は、実質ベースで6.7%増となり、日本を含めた全ての地域で増収を達成した。特に際立っているのが2016年同期比43%増となった潰瘍性大腸炎治療薬「」で、まだ日本では上市していないものの、承認国を着実に増やし既に上半期だけで1000億円近くの大型製品となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】期限切れワクチン試薬使用でMSDに行政指導-厚科審部会に報告
  • 【旭川医大病院薬剤部】ニボルマブを約8000万円廃棄-DVO実施で薬剤費削減に
  • 【厚労省】GDPガイドラインを公表-医薬品流通の品質管理確保
  • 【静岡県立総合病院薬剤部が解析】認定薬剤師に高い介入効果-外来がん患者の指導管理業務
  • 【厚労省検討会WG】高齢者の医薬品適正使用指針-ポリファーマシーなど追補案