医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】【偽造品防止】流通をルール化-薬局開設者の責任も

【厚労省】【偽造品防止】流通をルール化-薬局開設者の責任も

読了時間:約 1分46秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月23日 AM11:00


■2017年内メドに報告書

厚生労働省は19日、4カ月ぶりに「医療用医薬品の偽造品流通防止のための施策のあり方に関する検討会」を再開させ、偽造品流通防止に向けて残された課題を提示した。流通過程での品質確保のため、国際的な「医薬品適正流通基準」であるGDP(Good Distribution Practice)ガイドラインに対応した国内ルールを検討するほか、卸売販売業者の業務体制にかかる許可基準の設定、薬局開設者と管理薬剤師の責任・責務を法令上、どう位置づけるかなどについて議論し、2017年内をメドに報告書をまとめる。

この日の会議では、6月の「中間取りまとめ」を踏まえ、▽流通過程での品質の確保▽規制の法令上の位置づけのあり方▽封かん方法などに関する適切な情報共有に関するルール作り――を中心に議論することを確認した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【行政評価・監視委員会】「データの質・量が不十分」-MID-NETに指摘相次ぐ
  • 【厚労省作業部会】調剤外部委託は一包化限定-3次医療圏内が距離要件
  • 【21年診療行為別統計】調剤レセプトが大幅増に-新型コロナ影響の反動で
  • 【医薬品第二部会】塩野義の経口コロナ薬、緊急承認は結論先送り-賛否両論、意見割れる
  • 【日病薬】日薬との統合に否定見解-木平前会長「形態異なる」