医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 外傷やNSAIDs点眼薬の副作用による角膜上皮障害の修復メカニズム解明-順大

外傷やNSAIDs点眼薬の副作用による角膜上皮障害の修復メカニズム解明-順大

読了時間:約 1分37秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月19日 PM01:00

NSAIDs点眼薬による副作用、角膜穿孔が生じることも

順天堂大学は10月16日、生理活性脂質12-HHTとその受容体BLT2を介した角膜上皮損傷の修復メカニズムの解明に成功したと発表した。この研究は、同大大学院医学研究科生化学・細胞機能制御学の横溝岳彦教授と、眼科学の岩本怜助教、松田彰准教授らの研究グループによるもの。研究成果は「Scientific Reports」に掲載されている。


画像はリリースより

眼球の前面に存在する角膜は、微生物や異物の侵入から眼全体を保護するバリアとして機能しているが、コンタクトレンズの使用や異物の侵入、外傷などによって角膜上皮障害が生じることがある。また、非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs)を含む点眼薬は、白内障手術の術後などに頻用されているが、その副作用として角膜上皮びらんや、重症例では角膜穿孔を生ずることが問題となっている。

研究グループは、これまでに腸管上皮細胞や皮膚ケラチノサイトに発現する新規のGタンパク質共役型受容体を発見し、BLT2と命名。BLT2を活性化する生体内リガンドである12-HHTと呼ばれる脂肪酸を同定している。その後、BLT2が皮膚ケラチノサイトに発現し皮膚の創傷治癒を促進するとともに、皮膚のバリア機能維持に必須であることを明らかにしていた。

12-HHTや合成BLT2作動薬の点眼で修復が促進

今回の研究では、NSAIDs点眼薬の副作用である角膜上皮障害の実態と、その修復における12-HHT/BLT2の役割を検討。マウスの角膜におけるBLT2の発現を調べたところ、BLT2が皮膚に匹敵する高いレベルで角膜組織に発現していること、そのリガンドである12-HHTが豊富に眼に存在していることを確認したという。さらに、角膜損傷修復モデルを作製し、NSAIDsであるジクロフェナクを含む点眼薬を投与すると角膜上皮損傷の修復が遅延した一方、BLT2を活性化する12-HHTや合成BLT2作動薬の点眼によって修復が促進することを発見した。

また、ヒト初代培養角膜細胞やBLT2を発現させた角膜細胞を用いた試験管内創傷治癒モデルでも12-HHTによる創傷治癒の促進効果が観察されており、これらの結果からNSAIDsによる角膜上皮損傷修復の遅延は、プロスタグランジンの産生阻害ではなく、12-HHTの産生阻害という新しいメカニズムで生じていること、BLT2作動薬が角膜上皮損傷の新規治療薬となる可能性があることが明らかとなったとしている。研究グループは、合成BLT2作動薬が角膜潰瘍の新規治療薬として臨床応用されることが期待されると述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 緊張をコントロールし課題の成績を向上させる脳内メカニズムを解明-高知工大ら
  • 細菌に備わる「薬剤排出ポンプ」の進化を解明、Hibの多剤耐性化リスクを指摘-阪大
  • 高齢者肝切除後に自立生活が困難になるリスク評価を確立-大阪市大
  • 便秘薬リナクロチド、慢性腎臓病の進行抑制および心血管疾患予防の可能性-東北大ら
  • 初期乳がんリンパ節転移を効率的に治療する新しい手法を開発-東北大ら