医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【国際製薬医学会】「開発専門家」認定を正式開始-企業の人事考課に客観指標

【国際製薬医学会】「開発専門家」認定を正式開始-企業の人事考課に客観指標

読了時間:約 2分13秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月16日 AM10:30

国際製薬医学会は、医薬品開発の職場における実務遂行能力を国際基準で認定する新たな「」()の正規プログラムを開始した。2016年実施したパイロット事業の検討を踏まえ、新たに職場単位で5人以上のグループ参加も受け入れる。実務遂行能力評価の国際標準を導入することで、製薬企業や医療機関の職場における公正で客観的な人事評価に役立ててもらいたい考え。目標を達成した修了生の社員や職員には国際認定証が発行され、外部的な実務能力の証明にもなるため、優秀な人材確保にもつながることが期待されそうだ。

同プログラムは、製薬医学教育の認証を行う欧州のNPO「」が定める国際カリキュラムの要件を満たすと判定された人を第三者的に認定するもの。体系的な教育カリキュラムや評価基準が確立されていない国内の製薬企業や医療機関の職場で導入することにより、客観的に開発実務の遂行能力を評価し、医薬品開発のスペシャリストを育てるのが狙い。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 認知症施策で官民協議会-発症後も生活できる社会へ
  • 【岐阜薬大】研究重視で学生の質向上-稲垣学長、「新6年制」一本化に自信
  • 【徳島大学研究グループ】高脂血症薬に新薬効か-抗癌剤誘発の腎障害を抑制
  • 【立命館大学創薬科学研究センター】産学連携ラボ新設を構想-創薬領域の共通課題解決へ
  • 医師の9割以上が肯定的-疑義照会不要プロトコールに