医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【国際製薬医学会】「開発専門家」認定を正式開始-企業の人事考課に客観指標

【国際製薬医学会】「開発専門家」認定を正式開始-企業の人事考課に客観指標

読了時間:約 2分13秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月16日 AM10:30

国際製薬医学会は、医薬品開発の職場における実務遂行能力を国際基準で認定する新たな「」()の正規プログラムを開始した。2016年実施したパイロット事業の検討を踏まえ、新たに職場単位で5人以上のグループ参加も受け入れる。実務遂行能力評価の国際標準を導入することで、製薬企業や医療機関の職場における公正で客観的な人事評価に役立ててもらいたい考え。目標を達成した修了生の社員や職員には国際認定証が発行され、外部的な実務能力の証明にもなるため、優秀な人材確保にもつながることが期待されそうだ。

同プログラムは、製薬医学教育の認証を行う欧州のNPO「」が定める国際カリキュラムの要件を満たすと判定された人を第三者的に認定するもの。体系的な教育カリキュラムや評価基準が確立されていない国内の製薬企業や医療機関の職場で導入することにより、客観的に開発実務の遂行能力を評価し、医薬品開発のスペシャリストを育てるのが狙い。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【医療薬学フォーラム】「参加・体験型」実習は不十分-円滑に進行も改善が必要
  • 田宮薬剤管理官「対人業務への流れで議論」-調剤料の20年改定見通し
  • 【大阪府薬務課】お薬手帳活用のモデル事業-後発品服薬状況、医師に伝達
  • 【JICA】キルギスで薬剤師国試創設-日本型教育モデルを導入
  • 【中医協総会】無薬局町村の問題議論-かかりつけ進まぬ現状も指摘