医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > CTEPHに対するバルーン肺動脈形成術、治療後の長期予後も改善-東北大

CTEPHに対するバルーン肺動脈形成術、治療後の長期予後も改善-東北大

読了時間:約 1分28秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年09月28日 PM02:30

長期血行動態と治療後の経過を検討

東北大学は9月26日、)に対する肺動脈バルーン形成術の長期の血行動態と治療後の経過を検討し、同治療法が効果的かつ高い安全性を示したと発表した。この研究は、同大大学院医学系研究科循環器内科学分野の下川宏明教授、杉村宏一郎講師、青木竜男院内講師らの研究グループによるもの。研究成果は「European Heart Journal」オンライン版に掲載されている。


画像はリリースより

国の指定難病であるCTEPHは、体を動かす時に息苦しく感じる・すぐに疲れるといった症状が現れる難治性の疾患で、日本国内での患者数は2,140人(2013年度)と報告されている。近年、従来の手術が適応できない“末梢型”CTEPHに対し、肺動脈バルーン形成術が行われており、肺動脈圧や運動能に対する短期的な改善効果が報告されている。

初回術後の5年生存率98.4%

研究グループは、東北大学病院循環器内科において“末梢型”CTEPH患者に新しい治療法であるバルーン肺動脈形成術を適用し、その治療効果を検討。2009年7月から2016年10月までの間に初回の肺動脈バルーン形成術を施行した84名のうち、治療が完了した77例を対象に、治療効果の指標である平均肺動脈圧6分間歩行距離などを計測した。その結果、平均肺動脈圧は38±10mmHgから25±6mmHgに、6分間歩行距離は380±138mから486±112mにそれぞれ改善。また、これらの改善は慢性期においても持続していた(追跡期間43±27か月)。

合併症については、84例(424セッション)中、血痰を14%(60セッション)で認め、マスク式の人工呼吸器は8%(33セッション)で施行。経口挿管による人工呼吸器管理を必要としたのは0.2%(1セッション)であり、手技に関連した死亡はなかった。

さらに、初回肺動脈バルーン形成術施行後の5年生存率は、98.4%(N=77)であり、肺動脈バルーン形成術が施行可能となる以前の患者(未施行群)の5年生存率(77.5%)と比較すると、肺動脈バルーン形成術が有意に予後を改善していることが明らかになった。これらの結果により、CTEPH患者において、肺動脈バルーン形成術は安全に施行でき、肺動脈圧と運動能を改善し、治療後の長期予後も改善することが示されたとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 緊張をコントロールし課題の成績を向上させる脳内メカニズムを解明-高知工大ら
  • 細菌に備わる「薬剤排出ポンプ」の進化を解明、Hibの多剤耐性化リスクを指摘-阪大
  • 高齢者肝切除後に自立生活が困難になるリスク評価を確立-大阪市大
  • 便秘薬リナクロチド、慢性腎臓病の進行抑制および心血管疾患予防の可能性-東北大ら
  • 初期乳がんリンパ節転移を効率的に治療する新しい手法を開発-東北大ら