医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【精神薬学会】実践力高い薬剤師認定へ-精神科臨床の実務を重視

【精神薬学会】実践力高い薬剤師認定へ-精神科臨床の実務を重視

読了時間:約 2分43秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年09月27日 AM10:45


■講習単位化で底上げ狙う

第1回日本精神薬学会学術集会が23、24の両日、都内で開かれ、大会長講演で吉尾隆代表理事(東邦大学薬学部臨床薬学研究室教授)は、「薬剤師が医師と共に、主体的に薬物治療に関わる時代になってきた」と強調。精神科臨床における高い実践能力が求められるとして、実務経験を積んだ薬剤師を学会として認定していく考えを明らかにした。同学会が開催する講習会やワークショップへの参加を単位化し、一定基準に達した薬剤師を認定する構想。今後、新設した委員会で認定制度の詳細を検討していく予定だ。

吉尾氏

吉尾氏は、国内の精神科医療と統合失調症の薬物治療の変遷を振り返りながら、「以前と違い、今は薬剤師が主体的に薬物治療に関わり、医師と一緒に治療していく時代。薬剤師は重要な立場にいる」との認識を示し、「これからの精神科薬剤師は、積極的に研究を行っていく必要があり、学会発表や研究論文発表が求められる」とした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【中医協総会】保険適用の留保を決定-プログラム機器で手続遅れ
  • 【京都大学】5年一貫制博士課程設置-薬学系大学院で日本初
  • 【厚労省】薬局の保険指定取消0件-20年度、直近6年間で初めて
  • 【厚労省検討会議】ロゼレムのOTC化難しく-褥瘡医薬品にも厳しい声
  • 【厚労省】薬剤調製や監査の評価新設-敷地内、基本料見直しへ