医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【山口東京理科大】山口県初の薬学部誕生へ-最大目標は「地域への貢献」

【山口東京理科大】山口県初の薬学部誕生へ-最大目標は「地域への貢献」

読了時間:約 2分44秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年09月25日 AM10:30

山陽小野田市立山口東京理科大学は、2018年4月に定員120人の6年制薬学部薬学科を開設する。8月に文部科学省から設置認可を受け、山口県初の薬学部が正式に誕生することになった。公立大の薬学部として、最大の目標は地域への貢献。病気を予防する「」を薬学教育の特色の一つに打ち出し、充実した統計教育を重要な科目と位置づける。完成年度を迎えた後は大学院を設置し、薬剤師の生涯教育を通じて学位取得も支援していく計画だ。薬学部設置準備室の武田健室長は、薬事日報のインタビューに応じ、「地元の熱い期待に応えられるよう質の高い薬剤師を輩出し、モデルになる薬学部を作らなければならない」と話している。

武田設置準備室長

■社会健康薬学で予防に注力

市立山口東京理科大は、1987年に設置された東京理科大学山口短期大学を前身とし、95年に4年制に改組。2014年に組織改革を進める同大学と薬学部設置を目指す山陽小野田市が公立大学法人化に合意した。公立化をきっかけに薬学部設置構想が浮上。政府が後押しする地方創生の政策も背景に、山口県初の薬学部設置にこぎ着けた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】スイッチ化へ中間骨子案-販売体制や環境整備など
  • 【厚労省】デジタル化関連で新事業-電子処方箋システムに38億円
  • 【福岡県協議会】地域ケア病棟で処方適正化-薬剤師の薬学的介入が寄与
  • 【富士フイルム富山化学】アビガン、来月承認申請へ-新型コロナで主要項目達成
  • 【田村厚労相が会見】遠隔診療の恒久化を検討-中間年改定、骨太で判断