医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 海外 > 前立腺がんによる死亡リスク、PSA検診により25~32%低減

前立腺がんによる死亡リスク、PSA検診により25~32%低減

読了時間:約 2分29秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年09月19日 AM10:00

「PSA検診で死亡リスク低下」新たな解析結果

前立腺特異抗原()の血液検査による前立腺がん検診の必要性については賛否両論があり、議論が続いている。こうした中、その議論の発端となった2件の大規模研究のデータを新たに解析した結果が「Annals of Internal Medicine」9月5日オンライン版に掲載された。それによると、PSA検診によって前立腺がんによる死亡リスクを25~32%低減できることが示されたという。


画像提供HealthDay

米国では50歳以上の男性に対し、PSA検診を年に1回受けることが2008年ごろまで推奨されていた。しかし当時、PSA検診が実際に死亡リスクを低下させることを示した臨床研究はなかった。そこで実施されたのが欧州のERSPC研究と米国のPLCO研究だ。いずれの研究も、PSA検診に死亡リスクを低下させる効果があるのか否かを明らかにすることを目的としていたが、2009年に発表されたこれらの研究の結果は混乱をもたらすことになった。というのも、ERSPC研究ではPSA検診によって死亡リスクが20%低下したとする結果が得られたのに対し、PLCO研究ではPSA検診にベネフィットはないとする、相反する結果が得られたからだ。

これを受け、米国予防医療作業部会(USPSTF)は2012年、「PSA検診を実施すべきでない」とする勧告を発表し、議論を呼んだ。一方、(ACS)などは医師に対し、これらの研究結果について患者に情報を提供し、PSA検診を受けるかどうかについては個別に判断すべきとの推奨を示した。

ただ、ERSPC研究とPLCO研究では遵守率や環境が異なっていたことが指摘されていた。特にPLCO研究では、PSA検診を定期的に受ける介入群に割り付けられていたにもかかわらず、実際には検診を受けなかった男性がいた一方で、通常ケアを受けるとされていた対照群にPSA検診を受けた男性がかなりの割合で含まれていたことが問題視されていた。

そこで、米フレッド・ハッチンソンがん研究センターのRuth Etzioni氏らは今回、これら2件の研究データを用い、数学的モデルを用いてPSA検診を「受ける群」と「全く受けない群」を同条件で比較検討した。その結果、これら2件の研究結果はかなり近いものとなり、PSA検診によりERSPC研究では25~31%、PLCO研究では27~32%の死亡リスク低下が認められたという。

この結果を踏まえ、Etzioni氏は「PLCO研究では、介入群と対照群の両群でPSA検診が効果を発揮したため、両群の間に差が認められなかったと考えられる」と説明。ただし、「定期的なPSA検診の導入によって治療を必要としないがんに対する過剰な治療が行われる可能性も高い」として、PSA検診を受けるかどうかは医師と相談して決めるべきだと助言している。

なお、前立腺がんの手術は性機能障害や失禁の原因となる場合があり、男性のQOL(生活の質)を著しく低下させる可能性がある。また、前立腺がんの多くは進行が遅く、ほとんどの患者が心疾患など前立腺がん以外の疾患が原因で死亡していることも、早期発見を目的としたPSA検診の意義をめぐる議論の背景にある。

今回の解析結果について、ACSチーフ・メディカル・オフィサーのOtis Brawley氏は「大きな混乱が生じていた領域に明確さをもたらした」と評価。「今なら検査のリスクとベネフィットについて、7年前よりも自信をもって患者に説明できる」と話している。

今年4月、USPSTFはPSA検診に関する新たな勧告の草案を公表し、「70歳以上の男性には推奨しないが、55~69歳の男性では医師と相談の上で検診を受けるかどうか判断すべき」とするACSのガイドラインに類似した推奨案を示した。今回のEtzioni氏らの報告を受け、USPSTFはPSA検診に反対していたこれまでの姿勢をさらに軟化させる可能性がある。(HealthDay News 2017年9月5日)

▼外部リンク
New Research Finds Value in PSA Testing

HealthDay
※掲載記事の無断転用を禁じます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 海外

  • 高価な薬剤は「ノセボ効果」による副作用を引き起こしやすい
  • 40歳代の高血圧女性、正常血圧の女性より認知症リスクが65%上昇
  • 産後に自分の胎盤を食べる「胎盤食」、健康上のメリットはなく感染症などリスクも
  • 高齢者の転倒予防にビタミンDサプリメント摂取を否定する見解、米学会
  • HIV感染、複数の抗体併用でサルでの完全予防に成功