医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【医療保険部会】次期改定方針の検討開始-「敷地内薬局は適正化を」

【医療保険部会】次期改定方針の検討開始-「敷地内薬局は適正化を」

読了時間:約 1分25秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年09月11日 AM10:30

社会保障審議会医療保険部会は6日、2018年度診療報酬改定の基本方針策定に向けた検討をスタートさせた。改定の視点に、地域包括ケアシステムの推進や質の高い医療の実現、医療従事者の負担軽減などを例示。多職種連携による取り組み強化や質の高い在宅医療の確保、・薬局による薬学管理の評価、対物業務と門前・敷地内薬局の評価の適正化などについて、具体的に基本方針を検討していく。

この日の部会で厚労省は、これまでの診療報酬改定で示されてきた視点の考え方をもとに、▽地域包括ケアシステムの推進と医療機能の分化・強化、連携に関する視点▽新しいニーズにも対応できる安心・安全で質の高い医療を実現・充実する視点▽医療従事者の負担を軽減し、働き方改革を推進する視点▽効率化・適正化を通じて制度の安定性・持続可能性を高める視点を提示。18年度改定でも四つの視点を継承する方針を了承した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【日薬連薬価研】新薬創出等加算品目、新規作用機序薬を主張も73品目が適用されず
  • 【東北医科薬科大病院】院内フォーミュラリーを導入-ビスホスホネート製剤で開始
  • 琉球大に薬学部創設を要望-沖縄県薬など4師会が連名で
  • 【厚労省】「アイミクス」に15社参入-後発品308品目を薬価収載
  • 【臨床薬理試験研究会】PBPKモデルで日本人第I相を省略-予測精度向上の必要性も