医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > 慢性骨髄性白血病治療薬タシグナ、50mgカプセルの剤形追加承認を取得-ノバルティス

慢性骨髄性白血病治療薬タシグナ、50mgカプセルの剤形追加承認を取得-ノバルティス

読了時間:約 1分5秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年09月07日 AM11:45

120か国以上で承認されているチロシンキナーゼ阻害薬

ノバルティス ファーマ株式会社は9月5日、「タシグナ(R)カプセル」(一般名:ニロチニブ塩酸塩水和物)について、慢性期または移行期の慢性骨髄性白血病()を効能・効果として、既存の150mgおよび200mgカプセルに加え、50mgカプセルの剤形追加に関する承認を取得したと発表した。

タシグナは、ATPと競合的に拮抗し、BCR-ABLチロシンキナーゼを阻害することにより効果を発揮するチロシンキナーゼ阻害薬。120か国以上で、「」(一般名:イマチニブメシル酸塩)を含む少なくとも一つの前治療に抵抗性か不耐容の慢性期または移行期のフィラデルフィア染色体陽性慢性骨髄性白血病(Ph+CML)成人患者の治療薬として、また、初発慢性期のPh+CML成人患者の治療薬として承認されている。

申請中のCML小児患者に対する将来的な使用も考慮

日本では、2009年1月にタシグナカプセル200mgが「イマチニブ抵抗性の慢性期又は移行期の慢性骨髄性白血病」を適応症として承認取得後、2010年12月に「慢性期又は移行期の慢性骨髄性白血病」に適応拡大され、タシグナカプセル200mgの承認事項一部変更承認、タシグナカプセル150mgの製造販売承認を取得していた。

このように、国内で承認されているタシグナは、150mgカプセルと200mgカプセルの2種類で比較的大きなサイズであることから、投与時の利便性や飲みやすさの向上を目的として、同社はより小さなサイズの剤形の開発を実施。今回の50mgカプセルの剤形追加は、申請中のCMLの小児患者に対するタシグナの将来的な使用も考慮しているという。(横山香織)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • レキサルティ、既存治療で反応不十分うつ病・うつ状態で国内適応追加申請-大塚製薬
  • 乾癬治療の新たな選択肢として初のTYK2阻害剤が承認取得
  • 「サービスロボット」による院内24時間配送自動化の検証実験を開始-藤田医科大ほか
  • ビンゼレックス、中等~重度の成人・化膿性汗腺炎のP3試験で主要評価項目を達成-UCB
  • HAE急性発作の発症抑制で承認の「ベリナート皮下注用2000」薬価収載-CSLベーリング