医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > 固形がんに有効な次世代型CAR-T細胞療法の研究開発で提携-武田薬品とノイルイミューン

固形がんに有効な次世代型CAR-T細胞療法の研究開発で提携-武田薬品とノイルイミューン

読了時間:約 1分21秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年09月06日 PM02:15

がん細胞を特異的に認識し、殺傷することが期待されるCAR-

武田薬品工業株式会社とノイルイミューン・バイオテック株式会社は9月4日、次世代型キメラ抗原受容体発現T細胞()療法に関する提携契約を締結したと発表した。同契約により、武田薬品とノイルイミューンは、幅広い種類のがんの治療に向け、この技術を活用した新たなCAR-T細胞免疫療法の研究開発を行う予定。

ノイルイミューンは、国立がん研究センターおよび山口大学発ベンチャーで、山口大学・玉田耕治教授の開発した次世代CAR-T細胞を中心としたがん免疫療法に特化して、日本発の画期的ながん免疫治療薬の開発を目指す企業。次世代型CAR-T細胞療法技術は、ノイルイミューンが独占的に権利を有する基盤技術で、、ケモカイン等を産生する機構を有しており、がん治療の効果を高めるため固形がん組織の微小環境に影響をあたえる、または変化させることが期待されている。

CAR-T細胞は、がん細胞表面抗原を認識する一本鎖抗体とT細胞の活性化を誘導する分子の細胞内シグナル伝達領域を融合させたキメラ抗原受容体(Chimeric Antigen Receptor: CAR)をT細胞に遺伝子導入し作成。したがって、CAR-T細胞は、がん細胞を特異的に認識し、活性化・増殖してがん細胞を殺傷するという。

武田薬品の湘南研究所にて、両社の研究員がともに活動

武田薬品とノイルイミューンは、今回の提携のもと、CAR-T細胞免疫療法の研究開発を加速するための共同研究を実施。武田薬品は、同共同研究の実施に必要なリソースの提供に加え、ノイルイミューンへの技術アクセス料の支払い、株式投資を行う。また武田薬品は、同提携により共同研究される複数のパイプラインに加え、ノイルイミューンの一部パイプラインの開発および販売権を独占的に獲得するオプション権を有する。さらなる契約の詳細については開示していない。

なお、ノイルイミューンの研究チームは、最先端の研究施設である武田薬品の湘南研究所において活動を予定しており、革新的な細胞免疫療法の開発を加速させるため武田薬品の研究員とともに活動していくとしている。(横山香織)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • スマートフォンに実装可能な「眼科画像解析」AIモデルを開発-東北大ほか
  • 原発性腋窩多汗症の新たな選択肢「ラピフォートワイプ2.5%」登場 – マルホ
  • セムブリックス、新作用機序による副作用の少なさがCML治療継続の鍵に-ノバルティス
  • PDE4B阻害剤BI 1015550、IPF対象P2試験で肺機能低下を抑制-独ベーリンガー
  • エブリスディ、I型SMAの乳児対象のFIREFISH試験3年間の成績を発表-ロシュ