医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【内閣府】院外の技術料、院内の3.3倍-「見合うサービスなのか」

【内閣府】院外の技術料、院内の3.3倍-「見合うサービスなのか」

読了時間:約 1分53秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年09月04日 AM11:15

内閣府がまとめた「調剤・薬剤費の費用構造や動向等に関する分析-調剤技術料の形成過程と薬局機能」によると、1000円当たりの技術料について、「院外処方は院内処方時の3.3倍」とのデータを示し、「高い技術料に見合うサービスが患者に提供されているのか」と疑問を投げかけた。

分析は、医薬分業の背景にある外来投薬に係る技術料の費用構造を明らかにし、、薬局・薬剤師のあり方を検証するために行った。データとして、主に厚生労働省の「社会医療診療行為別統計(調査)」や、「医師、歯科医師、薬剤師調査」などを用いた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【中医協総会】保険適用の留保を決定-プログラム機器で手続遅れ
  • 【京都大学】5年一貫制博士課程設置-薬学系大学院で日本初
  • 【厚労省】薬局の保険指定取消0件-20年度、直近6年間で初めて
  • 【厚労省検討会議】ロゼレムのOTC化難しく-褥瘡医薬品にも厳しい声
  • 【厚労省】薬剤調製や監査の評価新設-敷地内、基本料見直しへ