医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 西洋ヒノキ花粉症と果実アレルギーを引き起こすペプチドファミリーを同定-北大

西洋ヒノキ花粉症と果実アレルギーを引き起こすペプチドファミリーを同定-北大

読了時間:約 1分19秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年08月25日 PM12:15

軽症から重篤な症状まで多くの症状を伴う花粉食物アレルギー症候群

北海道大学は8月23日、西洋ヒノキ(イトスギ)花粉症とモモや柑橘類に対する食物アレルギーの共通原因物質が、防御ペプチドファミリーであることを世界で初めて解明したと発表した。この研究は、同大大学院先端生命科学研究院・国際連携研究教育局の相沢智康准教授と、フランスパスツール研究所のPascal Poncet博士を中心とした国際共同グループによるもの。研究成果は米国アレルギー学会の「Journal of Allergy and Clinical Immunology(JACI)」に掲載された。

花粉症患者には、花粉だけではなく特定の果物や野菜に対してもアレルギー症状を示す場合があり、花粉食物アレルギー症候群と呼ばれている。この原因は、花粉アレルゲンと植物性食物アレルゲンに共通する抗原分子による交差反応と考えられており、口腔内にかゆみを伴う程度の軽症から、喘息やアナフィラキシーなどの重篤なものまで多くの症状を伴う。シラカンバ花粉症患者のリンゴやモモに対するアレルギー等が有名だが、その発症機構には明らかになっていない点も多くある。

新たな花粉症治療薬の開発に期待

研究グループは、酵母を用いた遺伝子組換え技術による植物由来ペプチド抗原の人工的な生産に成功。ヨーロッパの花粉食物アレルギー症候群患者の血清に対する反応の解析を行った。その結果、世界中で公園樹や造園樹に広く用いられる西洋ヒノキの花粉に含まれるペプチドが、モモや柑橘類に対する花粉食物アレルギーの原因抗原のひとつだと判明。さらに、このペプチド抗原は、植物の防御タンパク質のひとつとして植物界全体に広く存在することから、さまざまな植物関連アレルギーの原因物質となっている可能性も示唆されたという。

現在、花粉症治療薬の開発ではペプチド抗原の作用は考慮されておらず、今回の発見が新たな治療薬の開発につながる可能性があるという。また、今回のペプチドが植物界に広く存在することから、新たなアレルゲンの発見と治療法の開発につながる可能性も期待される、と研究グループは述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 日本人集団に特有の疾患関連SNPを搭載「ジャポニカアレイNEO」を開発-ToMMo
  • 慢性痛が抑うつ状態を引き起こす脳内メカニズムを解明-北大
  • 大腸がんBRAF遺伝子変異を3タイプに分類、うち1タイプで抗EGFR抗体が有効-国がん
  • 脳卒中後の運動機能の回復、リハビリによる複数の神経回路の変化と関連-名古屋市大
  • 砂糖の取り過ぎ、肝臓脂質合成の概日リズムを狂わせて中性脂肪の蓄積を促進-名大