医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【大垣市民病院薬剤部】薬剤師外来実施で治療完遂率が向上-副作用で離脱、大幅に改善

【大垣市民病院薬剤部】薬剤師外来実施で治療完遂率が向上-副作用で離脱、大幅に改善

読了時間:約 1分53秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年07月24日 AM10:15

薬剤師が医師の診察前に外来患者に面談する“”の実施によって、経口抗癌剤S-1による胃がん術後補助化学療法の完遂率が大きく向上したことが、大垣市民病院薬剤部の調査で明らかになった。副作用による離脱が大幅に減少し、実施前は39.4%だった治療完遂率は、実施後は82.5%に大きく高まった。薬剤師外来は各地の病院に広がりつつあり、その効果の一端が目に見える形で示された。

同院は2013年から薬剤師外来を開始し、14年から経口抗癌剤S-1を服用する患者を対象に加えている。調査では、14年11月から16年3月に同院でS-1による胃がん術後補助化学療法を実施し、薬剤師が外来で介入した患者40人を薬剤師外来群に設定。薬剤師外来を実施前の12年9月から14年10月に術後補助化学療法が実施された患者94人をコントロール群とし、両群の治療完遂率などを比較した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【AMED】コロナ薬開発へ体制整備-医療研究調整費を充当
  • 【ICMRA】コロナ薬の主要項目議論-重症度別に適切例を合意
  • 医薬品医療機器総合機構運営評議会、RWDの申請資料活用、20年度事業計画に盛る
  • 【厚労省】妥当性検証に基本的考え-製販後DB調査前の実施を
  • 【厚労省】安定確保薬、年度末に選定-厚労省が骨子案