医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【旭川医大病院薬剤部】年600本超のバイアル削減-抗がん剤調製にDVO導入

【旭川医大病院薬剤部】年600本超のバイアル削減-抗がん剤調製にDVO導入

読了時間:約 1分58秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年07月12日 AM10:30

旭川医科大学病院薬剤部は、昨年4月から入院患者を対象にバイアルに残った抗がん剤を2人目以降の患者の調製にも使用する「薬剤バイアル最適化」()を開始した。その効果を評価したところ、年間で600本以上のバイアル削減につながり、約500万円の薬剤費を節約できたことが明らかになった。国全体の薬剤費削減に貢献できることや環境への負荷を軽減できることに取り組みの意義があるとしている。

■米薬局方要件で無菌性確保

海外では、複数の患者の抗がん剤調製に使用できる大容量のマルチドーズバイアルが上市されているのに対し、日本には1回の使用を想定したシングルドーズバイアルしか存在しない。そのため多くの病院は、1回の調製ごとにバイアルに残った抗がん剤を廃棄し、使用したバイアル本数単位で保険請求している。病院にとっては、廃棄分の費用も保険で賄えるため損失にはならないが、国の視点からは廃棄している抗がん剤を有効活用することによって薬剤費を削減できる余地が残されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】ワクチン接種で死亡例-初の報告、因果関係不明
  • 【富山県】日医工に業務停止命令-富山第一工場で不適切製造
  • 【米FDA】J&Jワクチン緊急許可-1回接種は初めて
  • 日本病院薬剤師会臨時総会、22年度改定へ要望事項案-病棟加算の対象拡大など
  • 【厚科審合同部会】安全性に重大懸念なし-コロナワクチンの副反応