医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 海外 > 抗菌作用を持つ化学物質トリクロサンなどの使用規制を求める声明、医師らが発表

抗菌作用を持つ化学物質トリクロサンなどの使用規制を求める声明、医師らが発表

読了時間:約 2分3秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年07月04日 AM10:00

抗菌成分トリクロサンなどの規制を求める声明

抗菌作用を持つ化学物質であるトリクロサンやトリクロカルバンの使用を規制すべきだという声明を、世界29カ国の研究者や医師らのグループが「Environmental Health Perspectives」6月号に発表した。これらの抗菌成分は石けんや化粧品、歯みがき粉、一般家庭用品など、多数の「」をうたう製品に使用されているが、菌を死滅させる作用が不十分であり、健康を害する可能性もあるため、より厳格に使用を規制する必要があるとしている。


画像提供HealthDay

)は2016年、「安全性や有効性が確認できない」との理由で、トリクロサンやトリクロカルバンのほか、17種類の抗菌成分が含まれているハンドソープやボディソープの販売を禁じた。

しかし、現在でもトリクロサンはシャンプーから台所用品に至るまで多数の製品に使用されている。規制の対象外である衣類やクレジットカード、まな板、毛布、マットレス、バスタブ、家具、玩具などにも使用されている。

声明文に署名した米ワシントンD.C.の環境保護団体EWG(Environmental Working Group)のDavid Andrews氏は、「人々は長い間、抗菌製品は安全性と健康を向上させるものだと信じるように仕向けられてきた。しかし、実際にはそうではないことを示すエビデンスがある」と話す。

FDAによると、エビデンスの大部分は動物研究で得られたものだ。これまでの研究で、トリクロサンは甲状腺ホルモンの値を低下させるほか、抗菌薬が効かない薬剤耐性菌の発生につながり、皮膚がんのリスクを上昇させる可能性が示されている。

今回の声明は、これらの抗菌成分を含有する製品には必ずラベル表示をすることを求めており、FDAと米国環境保護庁に対しては、これらの成分の不必要な使用を規制するよう要求している。声明によると、健康へのベネフィットが得られることが明らかになっている場合(感染症の治療のために医師が処方した場合など)に限って抗菌薬を使用すべきだという。

一方、この声明に対して、米国洗浄剤協会(ACI)のBrian Sansoni氏は「トリクロサンやトリクロカルバンに関する懸念は既に知られている。この声明は最新の科学研究や規制の状況を反映していない」と指摘。同氏によると、抗菌石けんのメーカーは2016年のFDAの規制発表よりも前から抗菌成分の見直しを進めており、他の抗菌成分を使用するとともに、FDAの求める安全性と有効性に関する最新の科学的データを提出しているという。

「抗菌石けんは毎日、家庭や病院、オフィス、学校、保育施設、多くの商業施設で使用されており、感染症の拡大防止に役立っている。消費者は安心して使用してよい」と、同氏は付け加えている。

一方FDAは、トリクロサン含有の歯みがき粉による歯肉炎の管理など、一定のベネフィットがあることは認めているが、トリクロサンを含有する石けんに普通の石けんを上回る抗菌作用があるというエビデンスはなく、トリクロサンによって消毒作用が向上することが証明されているわけではないと述べている。(HealthDay News 2017年6月20日)

▼外部リンク
Group Urges Tougher Limits on Chemical in Shampoos, Cosmetics

HealthDay
※掲載記事の無断転用を禁じます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 海外

  • 10秒でがんかどうかを特定できるペン型装置「MasSpec Pen」を開発
  • 前立腺がんによる死亡リスク、PSA検診により25~32%低減
  • 身長が低い人は高い人よりも静脈血栓塞栓症発症リスクが低い
  • イブプロフェンが関節炎患者の血圧を上昇させる可能性
  • B型肝炎ワクチンの初回接種を生後24時間に行うべき、米小児科学会が声明