医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】審査へのAI活用盛り込まず-有識者懇談会が報告書

【厚労省】審査へのAI活用盛り込まず-有識者懇談会が報告書

読了時間:約 1分32秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年06月30日 AM10:30

塩崎恭久厚生労働相の私的懇談会「保健医療分野におけるAI活用推進懇談会」は27日、報告書を取りまとめた。医薬品開発の領域では、新薬の開発が実現可能かどうかを確認する時間とコストの低減を図るため、医薬品に関する知識データベース(DB)を公的機関に構築することを提案した。一方、)が行っている医薬品・医療機器等の承認審査にAIを活用する方策は盛り込まれなかった。

報告書では、新薬開発には莫大なコストと長い年月がかかるほか、国内の製薬企業は欧米の企業に比べて研究開発への投資を増加させる余力が乏しい点などを指摘。これらの課題に対しては「AIの活用が極めて有効」とし、想定される活用方法を挙げた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【中教審大学分科会】25年度から薬学部定員抑制-10月以降認可申請認めず
  • 【薬価部会】ゾコーバ薬価は高額薬対応-収載時や再算定ルール議論
  • 【厚労省が見解】データ送受で「運用開始」-紙の処方箋発行でも
  • 国内初の中絶薬審議-27日に医薬品第一部会
  • 【中医協総会】コロナ中等症IIで有用性-ベクルリーの費用対効果