医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > 消化管吸収性を大幅に高めた糖鎖オリゴマーの開発・量産技術を確立-NEDOら

消化管吸収性を大幅に高めた糖鎖オリゴマーの開発・量産技術を確立-NEDOら

読了時間:約 1分2秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年06月19日 PM02:00

丸共水産と北海道立総合研究機構が共同開発

)は6月15日、ヒトの消化管における吸収性を大幅に高めた糖鎖オリゴマーを開発し、マイクロ化学プロセス処理技術を応用した量産技術を確立させたと発表した。この研究は、同機構の「中堅・中小企業への橋渡し研究開発促進事業」において、丸共水産株式会社と北海道立総合研究機構が共同で行ったもの。


画像はリリースより

コンドロイチン硫酸やヒアルロン酸などの糖鎖は、2糖繰り返し単位が長くつながった構造を持つ直鎖状の多糖類で、近年、医薬品や栄養補助食品としても広く利用されている。しかし、これらはタンパク質分解酵素では分解されず、特殊な酵素を用いなければ分解されないため、ヒトの消化管ではほとんど消化吸収されず、その機能性が十分に発揮されているとはいえない状況だった。

機能性食品や医療用素材などへの応用に期待

研究グループは、このような多糖類をヒトの消化管で吸収できるサイズに低分子化し、吸収性を大幅に高めることによって、少ない量でより優れた効果が得られる糖鎖オリゴマーを開発。さらにマイクロ化学プロセス処理技術を応用し、糖鎖の大量生産技術を確立した。さらに、北海道の地域海洋資源である、エイの一種「カスべ」から抽出したコンドロイチン硫酸を用いて、ヒトの消化管における吸収性を大幅に高めた糖鎖オリゴマーの開発に成功したという。

生産された糖鎖は、栄養補助食品や化粧品の材料としての活用が期待されるほか、今後は新たな機能性食品や医療用素材としての研究開発を行っていく予定、と研究グループは述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • DS-8201、HER2陽性の再発・進行性胃がん対象P2試験を開始-第一三共
  • エミシズマブ、インヒビター非保有血友病A対象P3試験で出血頻度を有意に減少-中外
  • トルツの長期使用、 TNF阻害剤で効果不十分な関節症性乾癬患者の有効性改善-米リリー
  • オプジーボ/IDO1阻害薬併用療法、複数の治療歴を有する進行がんで奏効-米BMS
  • エドキサバン、冠動脈疾患を有する心房細動患者でも試験全体と同様の傾向-第一三共