医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【薬価部会】新薬創出加算の見直し議論-開発投資率を指標に評価も

【薬価部会】新薬創出加算の見直し議論-開発投資率を指標に評価も

読了時間:約 1分29秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年06月16日 AM10:30

中央社会保険医療協議会は14日、薬価専門部会を開き、新薬創出等加算の抜本的な見直しに向けた議論を開始した。厚生労働省は、製薬企業による革新的新薬の創出を重視した新たな指標として、売上高に占める新薬開発投資率や世界同時開発の実施、産学連携への取り組みを評価し、これら指標の達成度、充実度に応じて加算額に段階を設ける仕組みを提案。委員からは「対象企業を厳選する基準を作るのは良い方向」「検討すべき案」などと賛成意見が相次いだ。

新薬創出等加算の対象範囲については、現行制度は平均乖離率を超えない全ての新薬となっているが、支払側の吉森俊和委員(全国健康保険協会理事)は「あくまで画期的な新薬を対象にすべき。真に有効な医薬品をピンポイントで加算できる大胆な見直しが必要」との考えを示した。幸野庄司委員(健康保険組合連合会理事)は、「一定要件を満たせば全ての品目に加算が付くことが問題。乖離率は革新性を示す指標ではない」とし、新たな指標を作って対象企業を選定すべきとの見解を述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【官民連携会議】途上国に診断薬の浸透促す-業界団体が合同委設置を
  • 【国際医療センター薬剤部】肝炎薬の相互作用DB構築-翻訳版で1万件以上検索可
  • 再生医療の規制調和目指す-アジア初の国際会議開催
  • 【第一薬大、佐賀県薬調査】検体測定室の登録継続5割-「自己治療」へ貢献意識高く
  • 【厚労省】医療用薬の販売活動に指針-企業による不適切例改善へ