医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】後発品438品目を薬価収載-「エビリファイ」に13社参入

【厚労省】後発品438品目を薬価収載-「エビリファイ」に13社参入

読了時間:約 2分6秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年06月16日 AM10:15


■“公認後発品”は6成分登場

厚生労働省は16日、後発品438品目を薬価基準に収載する。初の後発品収載は、抗精神病薬「」()など13成分252品目。新規収載希望が10品目を超えた内用薬を先発品の「0.4がけ」とするルールは高血圧治療薬「」(=日本ベーリンガーインゲルハイム)など4成分207品目に適用された。また、先発品メーカーから特許使用の許可を得て後発品として発売するオーソライズドジェネリック()は6成分15品目が収載される(表参照)

今回、薬価収載の希望品目は451品目だったが、局方名収載などによって2品目が告示不要となり、安定供給上の不安などにより11品目が取り下げられたことから、最終的に60社の83成分154規格438品目が収載された。

収載状況の内訳を見ると、内用薬が60成分116規格395品目、注射薬が14成分21規格24品目、外用薬が12成分17規格19品目となった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【政府協議会】地域の「予防」促進目指す-ヘルスケア産業育成で行動計画
  • 【協会けんぽ静岡支部】後発品促進、県内184病院に情報誌を配布-医療機関側の後発品処方促す
  • 【官民連携会議】途上国に診断薬の浸透促す-業界団体が合同委設置を
  • 【国際医療センター薬剤部】肝炎薬の相互作用DB構築-翻訳版で1万件以上検索可
  • 再生医療の規制調和目指す-アジア初の国際会議開催