医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【弘前大病院薬剤部】抗癌剤を年3.8億円廃棄-青森県内の病院調査で判明

【弘前大病院薬剤部】抗癌剤を年3.8億円廃棄-青森県内の病院調査で判明

読了時間:約 2分6秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年06月14日 AM10:30


■DVO実施で廃棄減効果も

青森県内の主要医療機関における注射用抗癌剤の廃棄額を算出したところ、1年間で総額約3億8000万円に上ることが、弘前大学病院薬剤部の調査で明らかになった。抗癌剤の廃棄額を削減するため、単回バイアルの複数回使用()を当日限りで導入した効果をシミュレーションした結果、半年で約1億9000万円の薬剤費削減につながり、廃棄額も約8000万円が削減されることが推計され、日本におけるDVO実施の有効性が考えられた。この結果を国の医療費に当てはめると、廃棄額は342億円に上る推計が得られた。

同院では、高額な注射用抗癌剤の廃棄量が問題視されている中、青森県における廃棄の現状について調査を実施。それをもとに算出した廃棄量の削減に向けたシナリオを作成し、シミュレーションを行った。青森県の主要な医療機関11施設を対象に、昨年4~9月の半年間にわたって注射用抗癌剤の実施日、薬剤名、個人ごとの投与量を調べた。最小規格の薬価を内容量で割って1mg当たりの薬価を算出。その上で、廃棄量と薬価を乗じて廃棄額を算出した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労科研で中間結果】抗癌剤の副作用重篤化回避-薬局薬剤師が電話フォロー
  • 【日薬】18年度改定は「70点」-山本会長がコメント
  • 【RS知財フォーラム】創薬研究、AIと共同作業に-大データ時代で知財戦略も変化
  • 「患者模型」用いた教育例を共有-岡山で多職種研究会が発足
  • 【厚労省検討会】遠隔診療の薬処方と管理、かかりつけ薬剤師が関与を-指針策定へ議論スタート