医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省検討会】偽造薬対策で中間とりまとめ-取引・流通のルール明確化

【厚労省検討会】偽造薬対策で中間とりまとめ-取引・流通のルール明確化

読了時間:約 1分58秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年06月12日 PM01:00

厚生労働省の「医療用医薬品の偽造品流通防止のための施策のあり方に関する検討会」は8日、中間とりまとめを大筋で了承した。医薬品卸や薬局が医薬品を仕入れる際には、取り引き先の身元や販売許可などの確認を厳格に行うことや、医薬品を開封して販売・授与する場合、開封した業者や薬局名、その住所などを表示することも求める。中間とりまとめは、今後、・医薬品医療機器制度部会に報告し、パブリックコメントを実施。今夏をメドに省令改正などの必要な措置を行う。

■今夏メドに省令改正

中間とりまとめは、これまで、あいまいだった医薬品の取り引きに関するルールを明確にすることで、ルールから逸脱した医薬品卸や薬局に対し、適切な指導を行えるようにするもの。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】スイッチ化へ中間骨子案-販売体制や環境整備など
  • 【厚労省】デジタル化関連で新事業-電子処方箋システムに38億円
  • 【福岡県協議会】地域ケア病棟で処方適正化-薬剤師の薬学的介入が寄与
  • 【富士フイルム富山化学】アビガン、来月承認申請へ-新型コロナで主要項目達成
  • 【田村厚労相が会見】遠隔診療の恒久化を検討-中間年改定、骨太で判断