医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 海外 > 視覚と嗅覚で感染症の患者を見分けられる可能性

視覚と嗅覚で感染症の患者を見分けられる可能性

読了時間:約 1分12秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年06月12日 AM10:00

他人の体調はにおいで分かる?

人間がにおいと見た目から他人の病気を感知し、避けようとする能力は、これまで考えられていた以上に優れていることが新たな研究で示唆された。


画像提供HealthDay

この研究ではボランティア22人を対象として、害のない細菌の毒素を注射し、倦怠感や痛み、発熱などの症状を誘発した。それぞれの被験者について、毒素の注射により症状のあるとき(病気群)と生理食塩水のみを注射したとき(健康群)の写真を撮影し、体臭を採取した。

別の30人に病気群または健康群の写真を見せ、体臭を嗅がせながら、脳の働きを調べるfMRI検査を実施した。さらに、これらの2群のうちどちらが体調が悪そうにみえるか、魅力的だと感じるか、交流したいかについて回答してもらった。

その結果、免疫システムを人工的に活性化させた体調の悪い人よりも、健康な人の方が、魅力的で交流したいと回答される可能性が有意に高いことが分かった。さらに、人間の脳は複数の感覚器から健康状態に関する微弱なシグナルを獲得し、統合する能力に長けていたという。

研究を実施したカロリンスカ研究所(スウェーデン)のMats Olsson氏らは、「常識的に考えると、このように免疫システムを助ける行動パターンは存在するはずだと思うだろう。ただし、親しい人が病気になった場合は、必ずしも回避行動が適用されるとは限らない」と指摘している。

「例えば、鼻水が出ている相手にキスできるという人はほとんど存在しないだろうが、それが自分の子どもとなれば話は別だ。つまり、親しい相手の場合、病気のシグナルはむしろ思いやり行動を強化すると考えられる。今回の研究で、われわれは脳が予想以上にこのようなシグナルに敏感であることを明らかにした」と、同氏は結論づけている。(HealthDay News 2017年5月30日)

▼外部リンク
Can People ‘Sniff’ Out Illness in Others?

HealthDay
※掲載記事の無断転用を禁じます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 海外

  • うつ病診断、インスタグラムの写真を用いたコンピュータプログラムで7割の検出率
  • 日ごとの血圧値の変動幅が大きい人、血圧値が安定している人より認知症リスク2倍超
  • 心疾患の原因遺伝子変異をヒト受精卵から除去することに成功
  • 抗血小板薬による出血リスクの予測因子を特定、評価モデルを開発
  • 米国での禁煙率上昇、電子たばこの普及が寄与か