医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > テクノロジー > 世界最高速のMRIシミュレータを開発-筑波大

世界最高速のMRIシミュレータを開発-筑波大

読了時間:約 1分31秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年05月29日 PM01:30

CPUの10~100倍の性能を有するGPUを用いて

筑波大学は5月25日、世界で初めて、コンピュータ上でMRI撮像プロセスを忠実に再現する世界最高速の実用的MRIシミュレータの開発に成功したと発表した。この研究は、同大数理物質系の巨瀬勝美教授と、株式会社エム・アール・テクノロジーの研究グループによるもの。研究の成果は、「Journal of Magnetic Resonance」に5月20日付でオンライン公開されている。


画像はリリースより

MRI装置の世界市場は、その85%を欧米の三大メーカーが占めており、日本メーカー2社のシェアは、合わせても15%にも満たないと言われている。特に、MRIのソフトウェアとも言うべき撮像手法「」の開発においては、世界と肩を並べているとは言い難い状況にある。

現状を打開するためには、パルスシーケンスの開発効率を飛躍的に向上させる必要がある。開発のボトルネックになっているMRI装置のマシンタイムの問題と、実験効率の問題を同時に解決するMRIシミュレータは極めて重要な技術であり、研究グループは2014年より、GPU(グラフィックプロセッシングユニット)を用いた高速なMRIシミュレータの開発を行っていた。

GPUは、画像表示用に使われていた演算装置の高速性を活かして、一般的な科学技術計算にも使えるようにしたユニット。計算の種類にも依存するが、PCに使用されるCPU(演算装置)の10~100倍の性能を有する。

従来比約70倍、世界最高速の実効性能を達成

今回は、nVIDIA社のGPUである「GTX1080」を2台用いて、MRIシミュレータ「BlochSolver」を開発。特徴は、撮像に使用するパルスシーケンスがそのまま動作する設計にしたことと、世界最高速の実効性能(7TFLOPS:従来比約70倍)を達成したことだ。また、この高速性能をベースに、シミュレーションの精度を高めるための柔軟なサブボクセル(小画素)設定機能を導入し、撮像結果の正確な再現を可能にしたという。

現在は、エム・アール・テクノロジー社製のMRIパルスシーケンスのみに対応しているが、今後は他社製のパルスシーケンスなどにも対応することで、より多くの装置で使用されることを目指すという。MRIシミュレータは、理想的なMRI装置をコンピュータ上に構築できることから、今後、 開発における中心的な役割を果たしていくことが期待される、と研究グループは述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 テクノロジー

  • 世界最高速のMRIシミュレータを開発-筑波大
  • 室温で動作するMTJ生体磁場センサの高出力化に成功-東北大
  • 次世代シークエンシングの新ブランド「AVENIO」を展開-ロシュ・ダイアグノスティックス
  • 脳梗塞部位に血管を誘引する人工細胞足場を開発-東京医歯大
  • 世界初「全身用320列面検出器型の立位・座位CT」を開発-慶大と東芝メディカル