医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > ジャヌビアとスーグラの配合剤、2型糖尿病の適応で承認申請-MSDとアステラス

ジャヌビアとスーグラの配合剤、2型糖尿病の適応で承認申請-MSDとアステラス

読了時間:約 51秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年05月23日 AM11:30

DPP-4阻害剤とSGLT2阻害剤の配合剤

MSD株式会社とアステラス製薬株式会社は5月19日、DPP-4阻害剤シタグリプチンリン酸塩水和物(製品名:(R)錠)とSGLT2阻害剤イプラグリフロジンL-プロリン(製品名:スーグラ(R)錠)の配合剤について、MSDが2型糖尿病を適応症として日本での製造販売承認申請を提出したと発表した。

ジャヌビア錠は、MSDが製造販売する国内初の選択的DPP-4阻害剤。1日1回の投与で選択的にDPP-4を阻害し、活性型インクレチンを増加させることで血糖依存的な血糖低下作用を示す。スーグラ錠は、アステラス製薬が製造販売する国内初の選択的SGLT2阻害剤。1日1回の投与で選択的にSGLT2を阻害し、腎臓でのブドウ糖再取り込みを抑制することでインスリン非依存的な血糖低下作用を示す。

患者の服薬軽減やアドヒアランス向上へ期待

DPP-4阻害剤とSGLT2阻害剤という異なる作用機序の2型糖尿病治療薬を配合することで、患者の服薬負担の軽減や、服薬アドヒアランス向上が期待される。今回の申請に関して実施した臨床試験では、有効性・安全性・忍容性を示すことが確認されているという。

両社は、単剤療法では血糖コントロールが難しい2型糖尿病治療の新たな選択肢を提供することで、糖尿病治療への貢献をしたい、と述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • リツキシマブ、全身性強皮症への長期にわたる有効性と安全性を示す-東大病院ほか
  • スマートフォンに実装可能な「眼科画像解析」AIモデルを開発-東北大ほか
  • 原発性腋窩多汗症の新たな選択肢「ラピフォートワイプ2.5%」登場 – マルホ
  • セムブリックス、新作用機序による副作用の少なさがCML治療継続の鍵に-ノバルティス
  • PDE4B阻害剤BI 1015550、IPF対象P2試験で肺機能低下を抑制-独ベーリンガー