医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【医療保険部会】先発薬価の給付めぐり議論-差額負担、値下げに慎重姿勢

【医療保険部会】先発薬価の給付めぐり議論-差額負担、値下げに慎重姿勢

読了時間:約 1分36秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年05月19日 AM11:00


社会保障審議会医療保険部会は17日、経済・財政再生計画の改革工程表に示された先発品価格の負担のあり方について議論した。厚生労働省は、先発品と後発品の差額を患者負担とする“”を念頭に置いた考え方、長期収載品の薬価を後発品まで引き下げる考え方の二つの案を提示したが、委員からは患者負担増や企業に大きな影響を与えることへの懸念から、慎重な意見が相次いだ。

先発品価格のうち、後発品の保険給付額を超える部分の負担のあり方については、過去にも議論が行われてきたが、いずれも反対論や慎重な意見によって実現していない。この日の部会では、まず先発品の使用を「選定療養」と位置づけ、後発品薬価を超える部分は患者から徴収する考え方が示されたが、森昌平委員(日本薬剤師会副会長)は、後発品の使用促進に努力している中で「水を差す話」と指摘。仮に参照価格制度を導入した場合、より高い水準の流通が求められ、コスト増につながると指摘。選定療養にもなじまないとし、「いまは数量シェア80%実現に努力していくことが重要。極めて慎重に議論すべき」との姿勢を表明した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 国際医療研究センターと東京薬科大が連携協定-感染症など臨床研究推進へ
  • 【厚労省】長期品引下げに新ルール-「革新薬創出促進」を制度化
  • 【薬局ヒヤリ・ハット年報】一般名処方の水際防止増加-疑義照会関連は1359件
  • 【愛媛大病院薬剤部】DVO導入で1000万円減-リツキサン、アバスチンに
  • 【厚労省・評価検討会議】「スイッチ可」1成分のみ-片頭痛など7成分は「不可」