医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > オピッツ症候群の原因遺伝子の新たな制御機構を発見-神戸大

オピッツ症候群の原因遺伝子の新たな制御機構を発見-神戸大

読了時間:約 1分24秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年05月19日 PM12:45

同一家系でも症状が異なる「Opitz G/BBB症候群」

神戸大学は5月17日、多発性で種々の正中部形成不全を呈する遺伝性疾患「Opitz G/BBB症候群」(Opitz症候群=)の原因遺伝子「Midline 1」()の新たな制御機構を発見したと発表した。この研究は、同大バイオシグナル総合研究センターの上山健彦准教授と齋藤尚亮教授のグループ、および京都府立医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科のグループらによるもの。研究成果は、英発生生物学専門誌「Development」に5月16日付でオンライン掲載されている。


画像はリリースより

オピッツ症候群は、1万~5万人に1人の割合で発生する遺伝性疾患。脳、顔面、心臓、喉咽頭・気管食道、泌尿・生殖器など、多発性で種々の正中部形成不全(奇形)を呈する。その原因遺伝子としてMid1が同定されており、機能低下が先天性異常を引き起こすことはわかっていたが、症状の多様性や、個々の患者においてのみならず、同一家系でも症状が異なる理由は不明であったという。

シグナル経路の個体差が症状多様性を規定している可能性

研究グループは、Rhoファミリー低分子量Gタンパク質の「Rac」を小脳顆粒細胞で特異的に欠損するノックアウトマウスを作製。このマウスが小脳正中部の内顆粒層の欠損により、高度の歩行障害を呈することを発見した。次に、このマウスからRacノックアウト小脳顆粒細胞を取り出し、DNAマイクロアレイによる解析を行ったところ、多発性で種々の正中部形成不全を呈するOpitz症候群の原因遺伝子であるMid1の発現が低下することを発見。更に、Mid1の発現がRacにより転写レベルで制御され、Rac-Mid1-mTORが複合体となり小脳顆粒細胞の分化・成熟を促進するという、新規の細胞内シグナル経路を発見したという。この細胞内シグナル経路の個体差が、Opitz症候群の症状多様性を規定している可能性があるという。

現在、Opitz症候群の治療法は確定しておらず、主に症状に対応した外科的療法が行われている。今回の発見は、細胞内シグナルをターゲットとした新たな戦略に基づくOpitz症候群の新規の治療法開発に繋がる可能性がある、と研究グループは述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 2013年がん罹患数は86.2万人、前年比でやや減少-国がん
  • DEPDC5、HCP5、PNPLA-3遺伝子に肝がん発症との相関認められず-大阪市大
  • 2型糖尿病、血糖・血圧・脂質への厳格な統合的治療が血管合併症を抑制-東大病院
  • ロタウイルス胃腸炎患児におけるロタウイルスワクチン株の検出率は1.6%-東大
  • 73のがん網羅的遺伝子を血液サンプルで検査する医師主導臨床試験を実施-東京医歯大