医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > テクノロジー > 次世代シークエンシングの新ブランド「AVENIO」を展開-ロシュ・ダイアグノスティックス

次世代シークエンシングの新ブランド「AVENIO」を展開-ロシュ・ダイアグノスティックス

読了時間:約 1分8秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年05月17日 PM01:15

がん遺伝子解析システムAVENIO Analysisを発売

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社は5月15日、シークエンシングソリューションの新しいブランド「」を展開することを発表した。その第1弾として、リキッドバイオプシーによるがん遺伝子解析システム「 ctDNA Analysis システム」(研究用)を同日、発売した。

同システムは、次世代シークエンサー用のがん遺伝子検出用キットと、データ解析用サーバーから成るシステム。、大腸がんなど後期の固形腫瘍をターゲットとし、血漿検体()からSNV(一塩基多型)、indel(挿入欠失)、CNV(コピー数多型)、Fusion(融合領域)の4種類の遺伝子変異を調べることが可能だ。分子レベルでの検出エラー防止策により、血漿中ごくわずかに存在する腫瘍由来のctDNA (circulating tumor DNA)から遺伝子変異を高効率に検出、解析するという。

リキッドバイオプシーに特化したワークフローを実現

検出用キットは、Targeted(がんの治療選択時)、Surveillance(再発モニタリング時)、Expanded(再発後の治療選択時)の 3種類あり、目的の病態に合わせて選ぶことができる。サーバーにインストールされている解析用ソフトウエアは、煩雑な作業を要することなく、大量のシークエンシングデータから変異の数や頻度、品質情報などをレポートするという。

今回、同社が保有する技術をまとめることで、ctDNA抽出から解析サポートまで、リキッドバイオプシーに特化したワークフローの提案が実現した。これにより、患者間で異なる多種多様な変異の研究を幅広くサポートする、と同社は述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 テクノロジー

  • いびきから睡眠時無呼吸症候群のスクリーニングを行う新規システム開発-徳島大
  • 血中循環がん関連遺伝子変異を解析するサービスを開始-シスメックス
  • ADHD児の診断を高感度で予測可能な手法を開発-NCNP
  • 医療機器の安全対策における課題と単回使用機器の可能性-ボストン・サイエンティフィックがセミナー開催
  • 検出器リング径26cm、新型シリコン光センサを用いた小型PET装置を開発-名大