医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 国内製薬大手4社・17年3月期決算出揃う-円高と薬価改定で全社減収

国内製薬大手4社・17年3月期決算出揃う-円高と薬価改定で全社減収

読了時間:約 2分25秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年05月15日 AM10:30


■第一三共が国内トップに

国内製薬大手4社の2017年3月期決算が出揃った。円高による海外売上減と国内薬価改定の影響で4社が揃って減収となったが、為替影響を除く実質ベースでは全社が増収だった。利益面は円高がプラスに寄与し、第一三共を除き営業増益を達成した。第一三共は主力の降圧剤「オルメサルタン(一般名)」の米国特許切れに直面し、減収二桁減益で着地した一方、国内売上では長らく首位を守っていた武田薬品を僅差で逆転。18年3月期は、アステラス製薬が降圧剤「」、武田が多発性骨髄腫治療薬「」の特許切れを迎え、さらに厳しい年度となりそうだ。

武田は、実質ベースで6.9%増、医療用医薬品に限ると7.3%増と計画を上振れした。潰瘍性大腸炎治療薬「エンティビオ」が6割増とブロックバスター製品に成長し、同社のトップ製品となった。ベルケイドが15%減と落ち込んだが、高血圧症治療薬「」が13%増、多発性骨髄腫治療薬「ニンラーロ」は約7倍とカバーした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【日薬連】添付文書電子化の対応強化-改正薬機法成立で検討開始
  • 【横浜労災病院薬剤部】病院業務、薬局薬剤師が応援-急場の人材不足解消に試行
  • 【中医協で支払側委員】医薬品卸大手の談合疑惑で「実勢価に影響」懸念相次ぐ
  • 【厚労省】てんかん薬投与後、飛び降り死-治験薬の副作用「否定できず」
  • 改正薬機法が成立-先駆け、条件付承認を制度化