医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】高齢者の多剤併用で指針検討-副作用対策充実へ議論

【厚労省】高齢者の多剤併用で指針検討-副作用対策充実へ議論

読了時間:約 1分42秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年04月21日 AM11:15

厚生労働省は17日、高齢者医薬品適正使用検討会の初会合を開き、高齢者における薬の多剤併用()の増加や飲み忘れによる副作用への対策について議論をスタートさせた。

高齢者医薬品適正使用検討会の初会合

高齢者の進展に伴い、薬物療法において腎機能や肝機能の低下など薬物動態の変化、合併症によるポリファーマシーの増加とそれに伴う副作用の増強、飲み忘れや服薬管理の必要性が高い患者の存在など、多くの問題が顕在化している。こうした状況を受け、高齢者の薬物療法に関する安全対策を進めるため、薬の安全性情報の提供のあり方などに焦点を絞って検討会で議論することにした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【規制改革WG】遠隔服薬指導の導入を-対面原則が患者負担に
  • 【製薬協】QT延長試験の廃止提言-有望新薬の脱落に歯止め
  • 被験者募集の業界団体「PRO協議会」設立-3月までに指針の方向性
  • 患者ケア支援ツール開発-日本でも臨床研究開始へ
  • 【厚労科研で中間結果】抗癌剤の副作用重篤化回避-薬局薬剤師が電話フォロー