医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】高齢者の多剤併用で指針検討-副作用対策充実へ議論

【厚労省】高齢者の多剤併用で指針検討-副作用対策充実へ議論

読了時間:約 1分42秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年04月21日 AM11:15

厚生労働省は17日、高齢者医薬品適正使用検討会の初会合を開き、高齢者における薬の多剤併用()の増加や飲み忘れによる副作用への対策について議論をスタートさせた。

高齢者医薬品適正使用検討会の初会合

高齢者の進展に伴い、薬物療法において腎機能や肝機能の低下など薬物動態の変化、合併症によるポリファーマシーの増加とそれに伴う副作用の増強、飲み忘れや服薬管理の必要性が高い患者の存在など、多くの問題が顕在化している。こうした状況を受け、高齢者の薬物療法に関する安全対策を進めるため、薬の安全性情報の提供のあり方などに焦点を絞って検討会で議論することにした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【規制改革推進会議】新薬処方制限、“14日以上”の選択肢提示を-敷地内薬局は「運用を注視」
  • 【厚労省】後発品80%達成は20年9月-塩崎厚労相、目標時期を明言
  • 【聖マリ医大病院】フォーミュラリーで薬剤費減、1年間で約2000万円-後発品の数量割合9割超に
  • 医師指示下の分割調剤「しっかり対応を」-厚労省・中山薬剤管理官、敷地内の報酬適正化「あり得る」
  • 【GE薬協調査】後発品、品目数減少を希望-医師は「3~5品目」必要