医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > トランス脂肪酸が細胞死を促す仕組みを発見-東北大

トランス脂肪酸が細胞死を促す仕組みを発見-東北大

読了時間:約 1分27秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年04月19日 PM01:30

動脈硬化症や肥満・糖尿病等のリスクファクター

東北大学は4月17日、動脈硬化症や生活習慣病などのさまざまな疾患のリスクファクターとされるトランス脂肪酸が、自己由来の起炎性因子のひとつである細胞外ATPにより誘導される細胞死を促進することを明らかにしたと発表した。この研究は、同大大学院薬学研究科の平田祐介助教、野口拓也准教授、松沢厚教授、青木淳賢教授、福永浩司教授らの研究グループによるもの。研究成果は、「Journal of Biological Chemistry」(電子版)に3月29日付けで掲載されている。

トランス脂肪酸は、トランス型の炭素-炭素間二重結合を含む脂肪酸の総称で、主に食品製造過程において人工的に産生される。これまでの疫学的な調査から、トランス脂肪酸は動脈硬化症等の循環器系疾患や肥満・糖尿病等の生活習慣病のリスクファクターとされているが、分子・細胞レベルでの知見に乏しく、疾患発症機序はほとんど解明されていなかった。

動脈硬化症等の疾患メカニズム解明に期待

今回の研究では、トランス脂肪酸摂取による疾患発症リスクが特に高いとされている動脈硬化症において、病巣における自己由来の起炎性因子(damage-associated molecular patterns:DAMPs)の漏出やマクロファージの細胞死が病態発症に関連することに着目。DAMPsのひとつである細胞外ATPによって誘導されるマクロファージの細胞死に対するトランス脂肪酸の影響を調べた。

その結果、食品中含有量の最も高いエライジン酸をはじめとしたトランス脂肪酸が、細胞外ATP誘導性細胞死を著しく促進することを見いだしたという。細胞外ATPは、細胞膜上のプリン受容体P2X7のリガンドとして作用し、その下流でストレス応答性キナーゼASK1を介したp38MAPキナーゼ経路活性化によって細胞死を引き起こすことが知られている。詳細な解析から、トランス脂肪酸は、細胞外ATPによって誘導されるASK1-p38経路の活性化を亢進することで、細胞死を促進することが明らかになったという。

この研究で明らかになったトランス脂肪酸による細胞死亢進作用は、その摂取に伴う動脈硬化症発症・進展に寄与していることが想定され、これまで未解明だった疾患発症機序の一端の解明に繋がる発見になったと研究グループは述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • バセドウ病再発を高精度に予測するバイオマーカー「Siglec1」を発見-東京医歯大
  • 超高齢社会における健康寿命の延伸に向けた共同研究を開始-ToMMoとNCGG
  • 孤発性アルツハイマー病に乳がん原因遺伝子BRCA1が関与-東大病院ら
  • 外傷やNSAIDs点眼薬の副作用による角膜上皮障害の修復メカニズム解明-順大
  • 多発性骨髄腫治療薬ボルテゾミブ、腎臓線維化を抑制-東京医歯大