医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【兵庫県】飲みやすさや味、高く評価-薬剤師のお薦めジェネリック薬を調査

【兵庫県】飲みやすさや味、高く評価-薬剤師のお薦めジェネリック薬を調査

読了時間:約 2分36秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年04月19日 AM11:00


■3薬局以上評価は178品目

兵庫県健康福祉部健康局薬務課が県内の薬局薬剤師を対象に実施した「薬剤師がお薦めするジェネリック医薬品()」の調査結果がこのほどまとまった。飲みやすさや味などを評価する声が多く、3軒以上の薬局から評価された「お薦めGE薬」は合計で178品目に達した。同県薬務課はこの調査結果を、患者に応じた適切なGE薬を薬局などで選択する際の参考資料として役立ててもらい、GE薬の使用促進につなげたい考えだ。

調査は昨年10、11月に実施。県内の2582薬局を対象に郵送で調査票を配布し、患者に人気があるGE薬、調剤しやすいGE薬など、薬剤師自身が薦めるGE薬を各薬局から最大10品目提示してもらった。小児用剤、、錠剤・カプセル剤、散剤・顆粒剤、液剤、、軟膏剤・クリーム剤・ローション外用液剤、点眼剤・点鼻剤、坐剤、吸入剤など領域ごとに具体的な品目名を記入してもらい、その推奨理由も聞いた。821薬局から回答があった(回収率31.8%)。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【GE薬協調査】後発品、品目数減少を希望-医師は「3~5品目」必要
  • 【明薬大調査】短い服用期間はOTC有利-便秘薬等で自己負担額安く 
  • 【医療保険部会】先発薬価の給付めぐり議論-差額負担、値下げに慎重姿勢
  • バイオシミラー使用促進、「産官学の協力」を-企業の9割が行政支援期待
  • 【厚労省検討会】「重篤副作用疾患別対応マニュアル」見直し作業の優先度了承-追加疾患など提示