医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【信州大病院薬剤部】湿布薬制限の効果小さく-16年度改定の影響検証

【信州大病院薬剤部】湿布薬制限の効果小さく-16年度改定の影響検証

読了時間:約 2分2秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年04月17日 AM10:00


■薬剤費に差なし、枚数は減

2016年度診療報酬改定で導入された湿布薬の1処方当たり70枚制限について、外来患者に対する処方の影響を検証した結果、薬剤費総額に大きな差はみられず、医療費削減効果はほとんどなかったことが、信州大学病院薬剤部の調査で明らかになった。同院では改定後に71枚以上の処方箋割合は減少した一方、処方上限の70枚が処方されている処方箋が増加。不要な湿布薬への意識が高まる効果は見られたものの、薬価が低いこともあり、院内の外来で処方された湿布薬の薬剤費総額への影響は数万円程度と少なかった。

16年度改定では、医薬品の適正給付を目的に湿布薬の取り扱いが見直された。入院中以外の患者に1処方当たり70枚を超えて投薬した場合、、処方料、処方箋料、70枚を超えた分の薬剤料等が算定できず、70枚以上を処方する場合は、医師が理由を処方箋とレセプトに書くことになった。そこで、同院薬剤部は、16年度改定が外来患者における湿布薬処方にどのような影響を与えたか検証を行った。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】新薬5品目を先駆け指定-バイオジェンのAD薬など
  • 【厚労省】薬局改革でアクションプラン-ビジョン実現へ基本的方針
  • 【財政審】調剤報酬の抜本適正化を-新薬創出等加算は廃止要求
  • 抗菌薬適正使用実践へ手引き-医薬系8学会が策定
  • 【厚労省】高齢者の多剤併用で指針検討-副作用対策充実へ議論