医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】癌対策基本計画で素案-予防、医療、共生を柱に

【厚労省】癌対策基本計画で素案-予防、医療、共生を柱に

読了時間:約 1分58秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年04月17日 AM10:30

厚生労働省は13日、2017年から5カ年の「第3期がん対策推進基本計画」の素案を、がん対策推進協議会に示した。全体目標として取り組むべき施策に「がん予防」「がん医療の充実」「がんとの共生」の3本柱を設定。受動喫煙防止などによる一次予防や希少癌や難治性癌など研究の促進が必要な癌への対策、癌と診断された時からの緩和ケアを推進する体制の整備などを明記。薬物療法に関して、拠点病院の薬剤師と薬局のかかりつけ薬剤師の連携体制整備を盛り込んだ。今夏頃をメドに政府の閣議決定を予定している。

癌の予防では、癌のリスクに患者が曝されることを減らす一次予防に重点を置いた。禁煙や受動喫煙防止対策の徹底、受診勧奨や普及啓発を通じて肝炎の早期発見・早期治療につなげて肝癌発症を予防するなどの感染症対策を促すことで、癌の罹患者や死亡者の減少を目指す。二次予防に向けた癌検診については、受診率向上のため薬局薬剤師を通じた受診勧奨を進めると共に、職域での癌検診の受診率を全ての癌種で50%とすることを目標に打ち出した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省調整会議】全ゲノムDB構築へ議論-解析方法など検討事項提示
  • 【厚労省】市販後安全状況を定期報告-医薬品行政監視委スタート
  • 【厚労省】スイッチ化へ中間骨子案-販売体制や環境整備など
  • 【厚労省】デジタル化関連で新事業-電子処方箋システムに38億円
  • 【福岡県協議会】地域ケア病棟で処方適正化-薬剤師の薬学的介入が寄与