医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【東京都】エール薬品に業務停止12日-偽肝炎薬で卸2社を行政処分

【東京都】エール薬品に業務停止12日-偽肝炎薬で卸2社を行政処分

読了時間:約 1分30秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年04月14日 AM10:30


■都が命令‐大興薬品は8日

東京都は12日、今年1月に発生したC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品流通に関与した千代田区の卸売販売業者であるエール薬品と大興薬品の2社に対し、医薬品医療機器等法に基づく業務停止命令を出した。譲渡人の記録に架空の会社名を記載したエール薬品は13日から24日まで12日間、卸売販売業の許可を得ていなかった業者に転売した大興薬品は13日から20日まで8日間の業務停止となる。

業務停止の行政処分対象となったのは、エール薬品と大興薬品の2社。都は3月13日、、野川薬品の5社に医薬品販売に関する管理体制を抜本的に見直すことなどを指示する業務改善命令を出していたが、エール薬品はハーボニー偽造品を個人から仕入れ、薬機法に規定された譲渡人に関する記録を正確に行わず、架空の会社名を記載したほか、偽造品を販売し、卸売販売業者として営業所での適正な医薬品管理を行っていなかった。また大興薬品は、エール薬品から偽造品を仕入れ、卸売販売業の許可を得ていない大阪府の業者に販売した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 薬物乱用対策推進会議、大麻検挙、過去最高更新-20代以下の若年層に浸透
  • 近畿大学、ワンステップ、患者が開発計画を提案-タグリッソの医師治験開始へ
  • AMRアクションファンド、製薬主導で国際ファンド-AMR薬開発へ10億ドル
  • 【藤田医科大学】アビガンの有効性認めず-ウイルス消失に有意差なく
  • 【諮問会議】中間年調査の実施確定-骨太方針原案に記載なく