医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【東京都】エール薬品に業務停止12日-偽肝炎薬で卸2社を行政処分

【東京都】エール薬品に業務停止12日-偽肝炎薬で卸2社を行政処分

読了時間:約 1分30秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年04月14日 AM10:30


■都が命令‐大興薬品は8日

東京都は12日、今年1月に発生したC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品流通に関与した千代田区の卸売販売業者であるエール薬品と大興薬品の2社に対し、医薬品医療機器等法に基づく業務停止命令を出した。譲渡人の記録に架空の会社名を記載したエール薬品は13日から24日まで12日間、卸売販売業の許可を得ていなかった業者に転売した大興薬品は13日から20日まで8日間の業務停止となる。

業務停止の行政処分対象となったのは、エール薬品と大興薬品の2社。都は3月13日、、野川薬品の5社に医薬品販売に関する管理体制を抜本的に見直すことなどを指示する業務改善命令を出していたが、エール薬品はハーボニー偽造品を個人から仕入れ、薬機法に規定された譲渡人に関する記録を正確に行わず、架空の会社名を記載したほか、偽造品を販売し、卸売販売業者として営業所での適正な医薬品管理を行っていなかった。また大興薬品は、エール薬品から偽造品を仕入れ、卸売販売業の許可を得ていない大阪府の業者に販売した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】メトホルミンに発癌性物質-NDMA混入、15社に分析指示
  • 【厚労省】後発品178品目を薬価収載-初後発にアプレピタントなど
  • 【中医協各側が意見書】診療側「医療者に十分な手当を」-支払側「診療所は利益率高い」
  • 【愛媛大学病院】敷地内薬局、2年後に設置か-多目的棟新設へ事業者公募
  • 【薬価部会で意見聴取】新薬創出企業は「区分I」に-支払側は競争後退と難色