医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【薬学教育評価機構】姫路獨協大の総合判定を保留-6年制教育の再構築求める

【薬学教育評価機構】姫路獨協大の総合判定を保留-6年制教育の再構築求める

読了時間:約 2分50秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年04月07日 AM10:00


■16年度薬学教育評価-国試偏重、予備校関与も指摘

薬学教育評価機構は、2016年度の6年制薬学教育評価を専門分野別に行った結果をまとめた。昨年度の対象となった大阪薬科大学、、神戸学院大学、神戸薬科大学、、星薬科大学、北海道医療大学、、姫路獨協大学の11校のうち、10大学は評価基準に適合と認定されたが、姫路獨協大は評価基準の中項目5項目に重大な問題点が認められるとして、総合判定を保留した。ただ、適合と認定された複数の大学に対しても、国家試験偏重の時間割や卒業研究の単位認定に不適切な履修規定があるなどの問題点を指摘。早急に適切な改善措置を講じるよう求めた。認定期間は2024年3月31日まで。

今回、昨年度の評価対象となった11校の薬学教育プログラムについて評価を行った結果、姫路獨協大を除く10校は適合と認定された。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【諮問会議】感染予防と経済両立を-骨太方針に向け方向性
  • 【経産省】後発品切り替えに報奨金-窓口負担の2割以内で可能
  • ワクチン開発へ500億円基金-政府が2次補正予算
  • 【国立国際医療研究センター】国際治験の第二弾参加-「バリシチニブ」併用効果を検証
  • 【薬価部会】毎年改定向け調査に賛否-コロナ影響の意見聴取へ