医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【薬食審血液事業部会】原料血漿価格、2年連続引上げ-日赤のコスト改善策進まず

【薬食審血液事業部会】原料血漿価格、2年連続引上げ-日赤のコスト改善策進まず

読了時間:約 1分25秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年03月06日 AM10:15

厚生労働省は1日、2017年度のアルブミン等の血液製剤に用いる原料血漿の標準価格を引き上げる案を薬事・食品衛生審議会血液事業部会に示し、了承された。血液を供給する日本赤十字社の経営状況を考慮し、2年連続で引き上げる。17年度の原料血漿価格は、凝固因子製剤用が昨年度の価格より10円増の1リットル(L)当たり1万1110円、その他の分画製剤用も10円増の1万0170円とした。

原料血漿の価格は、血液の確保から供給までに必要な検査員や事務職員等の人件費、輸送費、貯留保管費等をもとに算出する。従来の原価計算方式に基づき算定した価格は、凝固因子製剤用が1L当たり1万3870円、その他の分画製剤用が1万2700円となった。輸血用血液製剤の供給が減少しているため、よりコストの高い血漿成分献血から多くの原料血漿を確保しなければならないことから価格が上昇したためと見られ、16年度の価格より2500円以上高くなることが判明した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【全自病研修会】タスクシフトめぐり議論-処方代行入力、医師は高評価
  • 厚労省・樽見医薬局長、改正薬機法「11月中に成立を」-20年度改定論議の前提見込む
  • 【岡山大学病院】睡眠薬整理へ専門外来開設-減薬方法を地域医に提案
  • 【台風19号】薬局の浸水被害広がる-宮城など203件、都市部も直撃
  • 【厚労省】台風19号の被害103薬局に-浸水で営業不可の店舗も