医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【薬食審血液事業部会】原料血漿価格、2年連続引上げ-日赤のコスト改善策進まず

【薬食審血液事業部会】原料血漿価格、2年連続引上げ-日赤のコスト改善策進まず

読了時間:約 1分25秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年03月06日 AM10:15

厚生労働省は1日、2017年度のアルブミン等の血液製剤に用いる原料血漿の標準価格を引き上げる案を薬事・食品衛生審議会血液事業部会に示し、了承された。血液を供給する日本赤十字社の経営状況を考慮し、2年連続で引き上げる。17年度の原料血漿価格は、凝固因子製剤用が昨年度の価格より10円増の1リットル(L)当たり1万1110円、その他の分画製剤用も10円増の1万0170円とした。

原料血漿の価格は、血液の確保から供給までに必要な検査員や事務職員等の人件費、輸送費、貯留保管費等をもとに算出する。従来の原価計算方式に基づき算定した価格は、凝固因子製剤用が1L当たり1万3870円、その他の分画製剤用が1万2700円となった。輸血用血液製剤の供給が減少しているため、よりコストの高い血漿成分献血から多くの原料血漿を確保しなければならないことから価格が上昇したためと見られ、16年度の価格より2500円以上高くなることが判明した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【諮問会議】感染予防と経済両立を-骨太方針に向け方向性
  • 【経産省】後発品切り替えに報奨金-窓口負担の2割以内で可能
  • ワクチン開発へ500億円基金-政府が2次補正予算
  • 【国立国際医療研究センター】国際治験の第二弾参加-「バリシチニブ」併用効果を検証
  • 【薬価部会】毎年改定向け調査に賛否-コロナ影響の意見聴取へ