医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > がんが治療抵抗性を獲得する分子メカニズムを明らかに-東京医歯大

がんが治療抵抗性を獲得する分子メカニズムを明らかに-東京医歯大

読了時間:約 1分19秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年03月03日 PM01:00

生体内で肝がん薬剤耐性株を作成することに成功

東京医科歯科大学は3月1日、肝細胞がん()において生体内で抗血管新生剤の耐性株を作成することに成功し、治療抵抗性を獲得する分子メカニズムを世界で初めて明らかにしたと発表した。この研究は、同大大学院医歯学総合研究科分子腫瘍医学分野の田中真二教授、島田周助教、秋山好光講師、大畠慶映大学院生の研究グループによるもの。研究成果は「Molecular Cancer Therapeutics」オンライン版に2月28日付けで掲載されている。


画像はリリースより

抗血管新生療法は、肝がんを含む多くのがん治療に使用されているが、初期には有効であっても繰り返し治療を続けると、やがて治療抵抗性を獲得し、再発や進行することが問題となっている。そこで今回の研究では、ヒト肝がん細胞を免疫不全マウスに皮下移植して、抗血管新生剤を投与し継代していくことで、薬剤耐性株を樹立することに成功。その薬剤耐性株を解析した結果、生体内で治療抵抗性を獲得するメカニズムを解明したという。

薬剤耐性化を克服する新たな治療法開発に期待

研究グループは、抗血管新生剤を用いた長期的な治療により、生体内でがん細胞遺伝子のエピゲノム変化(プロモーター領域のDNA脱メチル化およびヒストン活性化修飾)が起こり、薬剤耐性化を起こすことをつきとめた。その結果、がん幹細胞化に関与するthymosin beta 4(Tβ4)の遺伝子発現が誘導され、治療抵抗性を獲得することが示唆された。実際の肝がん患者でもTβ4陽性の症例では、抗血管新生剤が効きにくいことが確認されており、感受性バイオマーカーのひとつであることがわかったという。

今回の研究は、臨床での治療に近い状態を想定し、長期間の反復薬剤投与によって抗血管新生治療耐性の肝がんモデル化に成功し、生体内のエピゲノム変化によって薬剤耐性を獲得することを証明したもの。この成果は、がん治療抵抗性メカニズムを解明する重要な発見であり、エピゲノム変化の制御によって薬剤耐性化を阻止する新たな治療法の開発が期待されると、研究グループは述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 抗がん薬パクリタキセルの副作用、末梢神経障害を手足の冷却で予防-京大
  • 前立腺がん細胞の増殖を制御する細胞内タンパク質STAP-2を同定-北大
  • ダイレクトプログラミングでマウスおよびヒト腸前駆細胞の作製に成功-AMEDら
  • 新たな神経幹細胞制御因子としてRNA結合タンパク質「Quaking5」を同定-新潟大ら
  • 高齢者の亜鉛不足とフレイルとの関連-ノーベルファーマがセミナー開催