医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > 解熱鎮痛剤「アセリオ静注液1000mgバッグ」、全国の医療機関で発売開始-テルモ

解熱鎮痛剤「アセリオ静注液1000mgバッグ」、全国の医療機関で発売開始-テルモ

読了時間:約 1分7秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月28日 AM11:00

手術後に生じる痛みやがんによる痛みの適切な緩和に期待

テルモ株式会社は2月17日、解熱鎮痛剤「1000mgバッグ」について、全国の医療機関に向けて販売を開始した。同剤は、国内で唯一のアセトアミノフェン点滴バッグ製剤。


画像はリリースより

同社では、2013年11月からガラスバイアル製剤の「アセリオ静注液1000mg」を販売。これは解熱鎮痛効果を持つアセトアミノフェンを有効成分とする国内で唯一の静注製剤で、医療上の必要性が高い医薬品として、厚生労働省からの要請を受けて開発された。現在では、大学病院や地域がん診療連携拠点病院を中心に全国で幅広く使用されている。

今回発売されたアセリオバッグは、アセトアミノフェン静注液をプラスチック製のソフトバッグに充填したもの。酸化しやすいアセトアミノフェンを、プラスチック内での製剤として安定させることができた。これまで販売しているアセリオと同様に手術後に生じる痛みやがんによる痛みの適切な緩和に役立てられることが期待されると、同社は述べている。

日本緩和医療学会と日本緩和医療薬学会の要望を受けて

アセトアミノフェン製剤は、国内においては、経口製剤と坐剤があるが、坐剤の使用は小児に限定されており、成人には経口製剤以外の選択肢がなかった。このような背景もあり、アセトアミノフェン静注製剤の開発について、日本緩和医療学会および日本緩和医療薬学会が要望を提出し、「」で検討された結果、厚労省よりテルモへ要請が出された。

これを受け、同社はアセリオを開発し、2013年に販売を開始。その後、利便性向上のため、ガラス容器ではなくプラスチック製のソフトバッグにアセトアミノフェンを充填したアセリオバッグを開発したとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • リスジプラム、I型SMA対象P2/3試験で継続的な運動機能・生存率の改善-ロシュ
  • エドルミズ、悪性腫瘍におけるがん悪液質の治療薬として発売-小野薬品
  • 服部氏「パーキンソン病の重要なカギは腸内細菌」日本メドトロニック社セミナーで発言
  • COVID-19治療薬の使用「重症化する前が最適」 ギリアド社セミナーで三鴨氏
  • トミネルセン、顕性ハンチントン病対象P3試験で投与中止を決定-ロシュ