医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【規制改革推進会議WG】敷地内薬局、厚労省が“見解”説明-委員「納得せず」、再度説明を

【規制改革推進会議WG】敷地内薬局、厚労省が“見解”説明-委員「納得せず」、再度説明を

読了時間:約 1分53秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月17日 AM10:15

政府の規制改革会議「」は14日、昨年10月に厚生労働省が国立病院機構に示した“見解”によって、当時、敷地内薬局の誘致に動いていた国立病院機構災害医療センターが薬局の公募を取りやめた経緯について、厚労省から再度、説明を求めた。

敷地内薬局公募の中止をめぐっては、厚労省が目指す「患者本位の医薬分業の実現」「・薬局の推進」といった政策と「合致しない」ことから、厚労省所管の独立行政法人が開設する病院として「望ましくない」との見解を国立病院機構本部に伝達。その後、災害医療センターは、既に行っていた薬局の公募を中止した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 新薬加算「問題多い仕組み」、国民負担減へ廃止を要求-財政審が建議
  • 【淀川区薬剤師会/大阪回生病院】薬局主導で疑義照会簡素化-地域共通のプロトコル目指す
  • 【規制改革推進会議】新薬処方制限、“14日以上”の選択肢提示を-敷地内薬局は「運用を注視」
  • 【厚労省】後発品80%達成は20年9月-塩崎厚労相、目標時期を明言
  • 【聖マリ医大病院】フォーミュラリーで薬剤費減、1年間で約2000万円-後発品の数量割合9割超に