医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > マンガン摂取、妊娠中うつ症状と予防的な関連あり-愛媛大ら

マンガン摂取、妊娠中うつ症状と予防的な関連あり-愛媛大ら

読了時間:約 1分23秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月06日 AM11:30

九州・沖縄母子保健研究のベースライン調査に参加した妊婦1,745人が対象

愛媛大学は2月2日、妊娠中のマンガン摂取が妊娠中うつ症状と予防的な関連があることを示す研究成果を発表した。この研究は同大学、国立保健医療科学院、、琉球大学の共同研究グループによるもの。研究成果は、学術誌「Journal of Affective Disorders」電子版に公表された。


画像はリリースより

これまでにもいくつかの疫学研究において、亜鉛、、鉄摂取とうつ症状との関連が調べられている。しかし、予防的な関連を示す研究や関連がないと報告する研究もあり、その結果は一致していない。また、銅とマンガン摂取については、過去にそれぞれひとつの研究で報告されており、うつ症状と予防的な関連が認められていた。共同研究グループは今回、これらのミネラル摂取と妊娠中うつ症状との関連を調べた。

研究では、九州・沖縄母子保健研究のベースライン調査に参加した1,745人の妊婦を対象とした。Center for Epidemiologic Studies Depression Scale(CES-D)の16点以上をうつ症状有りと定義。年齢、妊娠週、居住地域、子数、家族構成、うつ既往、うつ家族歴、喫煙、受動喫煙、職業、家計の年収、教育歴、BMIと飽和脂肪酸、魚介類由来n-3系不飽和脂肪酸、カルシウム、ビタミンDおよびイソフラボン摂取を交絡因子として補正したという。

交絡因子の補正で、亜鉛・マグネシウム・・銅摂取との関連は有意ではなく

その結果、妊娠中うつ症状の有症率は19.3%で、交絡因子を補正しない解析では、亜鉛、マグネシウム、鉄、、マンガン摂取が多いほど、妊娠中うつ症状の有症率が有意に低下した。しかしながら、交絡因子を補正すると、亜鉛、マグネシウム、鉄、銅摂取と妊娠中うつ症状との関連は有意ではなくなり、マンガン摂取のみ、統計学的に有意に、妊娠中うつ症状と予防的な関連を認めたとしている。

今後、さらなる研究データの蓄積が必要となるが、マンガンを多く含む食品をたくさん摂取することにより、妊娠中のうつ症状を予防できる可能性を示す非常に関心の高い研究成果であると、共同研究グループは述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 脳内ヒスタミン、一部の神経細胞に働き記憶・学習促進の可能性-名古屋市立大ほか
  • 骨髄異形成症候群、MSCの骨芽細胞分化障害を介した造血不全機序を解明-FBRIほか
  • 治療抵抗性うつ病への「維持rTMS療法」を先進医療で実施、世界初-NCNP
  • 先天性甲状腺機能低下症、発症に関わるゲノム領域を同定-成育医療センターほか
  • 肺線維症など種々の炎症性疾患の病状を改善できる新手法の開発に成功-京大ほか