医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】ビタミン類、漢方薬と判明-ハーボニー偽造品を分析

【厚労省】ビタミン類、漢方薬と判明-ハーボニー偽造品を分析

読了時間:約 2分14秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月03日 AM10:15


■流通ルートで健康被害なし

厚生労働省は1日、C型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品について、流通ルートをほぼ解明し、患者が服用したケースはなかったと発表した。奈良県内の薬局チェーンの関西メディコで発見された偽造品を分析した結果、まだら模様の薄い黄色の錠剤はビタミン類のサプリメント、薄い紫色の錠剤は一般用漢方製剤の小青竜湯だったことも明らかにした。厚労省は、薬事監視の観点から実施した調査が一つの到達点を迎えたとし、「今回のルートで偽造品はほぼない」と断定。健康被害の可能性もないとの見方を示した。今後は警察当局の捜査に委ねる考え。

会見する伊澤課長(中央)

厚労省は、ハーボニーの偽造品が関西メディコの薬局で5ボトル、東京都の卸売販売業者で9ボトル発見されたことを受け、奈良県、京都府、東京都、大阪府と連携して流通ルートの解明と偽造品の内容分析を急いできた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【和歌山県立医大】薬学部新設へ体制固まる-地域で活躍する薬剤師育成
  • 【厚労省】エパデールTが第1類移行-適正販売の徹底で通知
  • 【諮問会議】調剤報酬「大胆な改革必要」‐技術料等の正当性次第で
  • 【厚生労働科学研究班】処方薬乱用防止へ薬薬連携−お薬手帳の情報共有に活路
  • 【APAC】アジア共通の審査導入を-効率的な体制要望で合意